「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

お待たせ!真心こめて

17.1.30

「角館ファクトリーショップ」プロジェクトのリターンが、いよいよ発送される運びとなりました。

ローズメイの原田社長はプロジェクトのサイト「活動報告」に、発送準備の様子をみずみずしくつづっています。その内容は以下の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ「リターン返礼品」のお届けが始まります!


おはようございます、ローズメイ代表の原田青です。

あっという間に2017年も1カ月が経とうとしています。早いものですね。

年末年始から続々と瀬戸内産ネーブルオレンジが秋田工場に届き始め、工場内では今、オレンジスライスジャムの製造に全力です。

/data/blog/archive/original/31017.jpg


そして、長らくお待たせいたしました。ご出資をいただいた皆様への「リターン返礼品」の発送が、いよいよ今週から開始します。
 
一つ一つ真心こめて、丁寧に梱包していきます。

/data/blog/archive/original/31018.jpg
 
近日中には皆様の元にお届け致します。どうぞ冬の味覚をご堪能いただきつつ、ローズメイカフェ・ファクトリーショップの開店までお楽しみにお待ちください♪

                                         株式会社ローズメイ
                                         代表取締役 原田青
https://fan-akita.sakigake.jp/project/report/132
 
 

明るい未来へ決意新た

17.1.23

「無償の学習室」開設プロジェクトに挑戦した「秋田たすけあいネット あゆむ」の保坂代表は、感謝の言葉とともに、今後の取り組みについて、以下のように語っています。
 

ご賛同頂き感謝でいっばいです

無償の学習室は昨年11月12日開校しました。事務所を土曜日に開放し、学習室として学び場を提供しております。

学習室の運営は寄付で賄われています。先生達は全員ボランティア。用事がない限り、毎週子供たちに教えに来てくださいます。

この学習室を計画したとき、ボランティアの先生がこれほど集まって協力してくださるとは思っていませんでした。開校以来、ずっと来てくださることに、ただただ感謝でいっぱいです。

二時間という短い時間ではありますが、学習室の中は活気に包まれています。高校が決まった子供も、本番に望む子供も、学習室を去る3月末までぜ全力でサポートします。

この度、ファンあきたを通じてご寄付頂いた皆様に心から感謝申し上げます。これからも応援していただけるような活動が出来るよう、スタッフ全員頑張って参ります。

新しく4月から入る子供たちの定員も残り二人。

学習室のほかに、新しい取組も始まろうとしています。就職を考えている高校生や主婦を対象とした無償のパソコン教室です!直ぐに役立つエクセルをマスターし、就職先で戦力になれるための教室です。

秋田たすけあいネットはこれからも秋田に明るい未来を描けるお手伝いをしていきます。今後とも宜しくお願い申し上げます。 保坂

/data/blog/archive/original/30891.jpg
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/141

感謝と意気込みつづる

17.1.13

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクトが目標額を突破し、プロジェクトオーナーの逆木一さんが感謝の言葉とともに、自らのブログとFAN AKITAプロジェクトの「活動報告」に今後の意気込みをつづっています。

http://kotonohanoana.com/archives/15010

この出版プロジェクトは2月まで続きます。

貴重な力作を手にしたい方は、ご支援をお願いいたします。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/149

/data/blog/archive/original/30156.png

/data/blog/archive/original/30754.jpg

子育てしやすい環境に

17.1.6

「無償の学習室」開設プロジェクトに取り組んでいる「秋田たすけあいネットあゆむ」は、子供たちの未来へのお手伝いをしようという思いを、次のようにつづっています。



秋田県は2040年には人口が70万人まで減少すると言われています。

少子高齢化問題に、微力ながら手を差し伸べられる活動をして参ります。
 
農産物の美味しい、四季折々の美しい秋田で、子育てしやすい環境づくりと、安心して老後が暮らせる魅力ある郷土のために、様々な問題に対してNPOとして何ができるかを模索しながら、希望を持てる未来へのお手伝いをして参ります。

みなさまのご支援を宜しくお願い申し上げます。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/141

/data/blog/archive/original/30644.jpg

学習支援以外にも、以下のような活動をしています。

・食糧支援・フードバンク事業
・制服学生服リユース事業
・ひとり親子育て世帯・高齢者見守りサポート事業
・家族代行支援事業

どうぞご支援ください。

小町が引き寄せたご縁

17.1.6

/data/blog/archive/original/30643.jpg

FAN AKITAで「真澄と歩く」出版プロジェクトを実施中の逆木一さんは、このプロジェクトを始めるに至ったきっかけについて、次のように語っています。
 

  古今和歌集に名を刻む六歌仙ただひとりの女性「小野小町」という人物像と、秋田県雄勝町(現・湯沢市)に
  残る小野小町の伝承、それらを結び付ける資料はないだろうか。そうした中で出会ったのが、「菅江真澄」
  でした。
 

小町ゆかりの湯沢市で、毎年6月に開かれる「小町まつり」に小町娘が登場して、今年でちょうど半世紀。

平安絵巻が優雅に伝承される今日、江戸時代の紀行家・菅江真澄が歩いた時代の絵図と見比べて古里の風物、光景を楽しみたいものです。
 
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/149

/data/blog/archive/original/30641.jpg
                              (2017年1月4日付秋田魁新報の特集面)

/data/blog/archive/original/30642.png

TOP