「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

甘く酸味、ジューシー

16.10.24

「オレスラソフト」って、どんな味わいだと思いますか。

試作品では、「オレンジスライスジャム」のほどよい甘味とジューシーさが、ヨーグルトの酸味と相まって、爽やかなソフトクリームに仕上がったそうです。

試作品の完成は9月のこと。社員もみな納得のおいしさになったとのことです。

ローズメイでは「今後も発売までに調整を重ね、自信を持ってご提供できるものを作り上げていきたい」と話しています。

/data/blog/archive/original/29615.jpg

檜山茶の〝夢〟へ一歩

16.10.20

 〝北限のお茶〟檜山茶畑造成プロジェクトは、締め切りまであと10日ほどになりました。

 プロジェクトオーナーの梶原啓子さんの〝夢〟をあらためてお伝えします。

 ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~~ ~~~ ~~ ~~~ 


 檜山茶の生産農家は現在、2戸しかありません。往時とは異なり、檜山茶はなかなか手に入りにくい状況が続いています。このため、私は数年前から茶畑の栽培面積を広げる計画を練ってきました。

 この度、茶畑を造成しようと見つけた山の斜面は広さ約1ヘクタール。現在、秋田杉を切り倒したままの状態で、丸太や枝葉が散乱しています。そこを片付けたり、測量を行ったりするのに多くの資金がかかるため、皆さんのお力をお借りしたいのです。
 
 年内には斜面を整地した後、来春にもお茶の苗を植えたり、種をまいたりして、茶樹を育てる計画です。みずみずしい茶葉を摘み取ることができるのはおよそ3~5年後とみています。
 
 若い人たちに檜山茶を伝えていくには、経済的に自立できる確かな経営基盤を築いていかなければいけないと思っています。そのための第一歩として、茶畑の造成に取り組みたいのです。どうか私の趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきますよう宜しくお願いいたします。
  https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/113
 
/data/blog/archive/original/29587.jpg

オレスラ食べたい方へ

16.10.20
/data/blog/archive/original/29573.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あの『オレンジスライスジャム』を使ったソフトクリーム、食べてみたい!?
ローズメイが角館に初めてのショップをオープンします!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気の高い「オレスラ」で知られるローズメイが20日から、FAN AKITAの新規プロジェクトを上記のキャッチコピーでスタートさせました。

プロジェクトの詳細は以下のURLよりご覧いただき、ご支援ください。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/132



 

オレンジスライス始動

16.10.17

逸品の「オレンジスライスジャム」で知られるローズメイ(原田青社長)が今週、FAN AKITAのプロジェクトスタートさせる予定です。

オレンジスライスジャムを使って、どんな企画が立ち上がるか。

「オレスラ」にご期待ください。



/data/blog/archive/original/29563.png

https://fan-akita.sakigake.jp/

舞踏の聖地秋田を発信

16.10.6

「鎌鼬(かまいたち)美術館」建設プロジェクトに関連し、秋田魁新報の10月6日付文化欄に、「土方巽と秋田をつなぐもの~没後30年に寄せて」と題した寄稿文が掲載されました。

秋田市の赤れんが郷土館、千秋美術館の学芸員などを歴任された秋田市文化振興課参事の加藤隆子さんから寄せていただきました。

寄稿文は、次のような記述で結ばれています。

「この羽後町田代に鎌鼬美術館が開館する。

土方の出身地、舞踏の聖地とされる秋田に、没後30年にして初めて土方の関連施設が誕生するのである。

BUTOHの名が世界共通となっている今、土方を語る拠点が秋田にできるのは意義深い。

2年後は土方の生誕90年。

現在行われているさまざまな顕彰イベントが、鎌鼬美術館の開館とともに、聖地秋田を世界に発信する第一歩となることを期待する。」


https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/111

/data/blog/archive/original/29454.jpg
                                (秋田魁新報10月6日付文化欄)

TOP