「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

鎌鼬の里 芸術祭盛況

16.9.30
/data/blog/archive/original/28876.jpg

「鎌鼬(かまいたち)美術館」建設プロジェクトのメンバーが、フェイスブックに次のような文章をつづっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆★☆開館記念プレオープンイベント「鎌鼬の里 芸術祭」は
    大成功のうちに終えることができました☆★☆ 

200名を越える方々にご来場いただき、誠にありがとうございました!

親子連れ、ご夫婦、あるいは近隣のみなさんと三々五々お出かけくださり、さまざまなプログラムをご観覧いただきました。

小川和隆氏によるギター演奏、つづいて鈴木尚様による『病める舞姫』の朗読秋田版、地域に伝わる伝統芸能「仙道番楽」、インドネシアのグループによる仮面舞踊やコンテンポラリーダンス、ポーランドのダンサーによる舞踏、津軽三味線、そして大野慶人氏による舞踏。

餅つきもあり、地元食材から作られたお弁当や総菜の販売あり、手打ちそばもありと、【芸術】【文化】【食】がコラボした、素晴らしい2日間となりました。

田代の田んぼには、ちょうどたわわに実った稲が重そうに頭を垂れて、一面が小金色に染まり、抜けるような青空に向かって立つ稲架がこのイベントを祝福してくれているようでした。

ご協力くださいました皆さま、ほんとうにありがとうございました。

10月には、本オープンいたします!

引き続き、ご支援ご協力を
どうぞよろしくお願い申し上げます。
                    (いたち館長代理)

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/111

色鮮やかな着物の模様

16.9.28

着物リメークプロジェクトでは、特典(お返し、リターン)の中で、華やかな着物生地を使った「風呂敷」や「テーブル掛け」、「バッグ」が注目を集めています。

人気のあるものから3点を、以下にご紹介します。

☆紫の銘仙模様のバッグ


/data/blog/archive/original/29342.jpg


☆黒のえとの柄の大風呂敷(テーブル掛け、約1メートル×約1メートル)

/data/blog/archive/original/29341.jpg


☆紺の矢がすり模様の小風呂敷(約50センチ×50センチ)

/data/blog/archive/original/29340.jpg

着物リメークのリターンのラインアップは、次のページからご覧ください。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/121


詳細については、「心紬(こころつむぎ)」までお問い合わせください。
  大仙市北楢岡字船戸558
  ☎0187・72・2610 (不在時090・7935・6993) 



 

秋田犬ツーリズム上京

16.9.27

「大曲の花火」を大館で打ち上げようという企画のプロジェクトオーナー、秋田犬ツーリズムのメンバーが先日、東京で中国、タイ、アメリカ、イギリスなど海外の訪日旅行取扱会社と商談を行いました。

当日の様子は、次のフェイスブックからご覧ください。

https://www.facebook.com/akitainu.tourism/

花火打ち上げプロジェクは次のURLの内容の通りです。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/122

/data/blog/archive/original/29284.jpg

かやぶきの家に泊まる

16.9.20
/data/blog/archive/original/29208.jpg

土方巽をフォーカスした「鎌鼬(かまいたち)美術館」建設プロジェクトでは、開設場所近辺にあるかやぶき山荘
「格山(かくざん)」の宿泊券が特典となっているお返し(’リターン)に対して、支援する方が出ております。
http://kakuzan.ugotown.com/

http://kakuzan.ugotown.com/haseyama.html

土方の舞踏の世界を体感するには、土方がパフォーマンスを繰り広げた田舎に実際泊まってみると、理解も深まることでしょう。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/111

/data/blog/archive/original/29209.jpg


 

郷愁誘う田園と舞踏家

16.9.15
/data/blog/archive/original/29174.jpg

実りの秋が近づいてきました。

秋田県内の田園風景には、刈り取った稲穂を干す「稲架(はさ)」がとても似つかわしく、郷愁を誘う季節です(写真上)。

世界的な舞踏家、土方巽(ひじかた・たつみ)は、恐らくそんな光景を目にしながら、次のようなパフォーマンスを繰り広げました。(写真下2枚)

/data/blog/archive/original/29175.jpg

/data/blog/archive/original/29176.jpg

こうした土方巽の独特な世界観を示すパフォーマンスを、数々の貴重な写真に収めたのが、文化功労者で写真家の細江英公氏で、写真集の名作「鎌鼬(かまいたち)」にまとめられています。

その写真集の作品すべてを収蔵する「鎌鼬美術館」を、秋田県羽後町田代に建設するプロジェクトがいま、進んでいます。

趣のある「旧長谷山邸」が、新たに「土方の館」に生まれ変わります。

どこか懐かしさを感じる田園風景と、「世界の土方巽」の姿に触れて、分かりやすく理解するのに、格好の場所となるでしょう。

多くの方々のご支援をお待ちしております。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/111
 

TOP