「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

ツイッターから届いた

16.7.29

まちあわせハチ公ガールズのメンバーから、ツイッターで次のようなメッセージが届きました。



私たちは"FAN AKITA"さんで、CD製作・グッズ製作・活動支援をしてくださる応援サポーターを募集しています!

 私たちにとって、とても大事なプロジェクトなので、ぜひご協力よろしくお願いします!!


https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/91


/data/blog/archive/original/28600.jpg

ポニーと癒やしの時を

16.7.28

皆さん、はじめまして。あきた乗馬クラブ代表の益子太郎(ますこ・たろう)です。

5年前に秋田に帰郷し、秋田市河辺にあきた乗馬クラブを立ちあげています。

乗馬はもちろんのこと、餌やり、ブラッシング、日々の体調の観察など、1日の大半を馬と過ごす日々を送っています。
 
根っからの馬好きである私が、今回挑戦したいと考えているのが、新しい「ポニー」を購入して、秋田県内各地を訪問し、一般の方をはじめ、子供たち、高齢者、障害者の皆さんの笑顔を創り出すことです。

この秋までにポニーを購入し、冬の期間に体づくり、調教を行い、雪解けを待って皆さんの前でデビューさせたいと考えています。


/data/blog/archive/original/28588.jpg/data/blog/archive/original/28589.jpg
 
当クラブには現在、1頭のポニー「トト」がいます。

お客様のご要望に応じて訪問を行っていますが、ポニーはストレスを感じやすい動物であること、また、体力的にも頻繁に訪問するのが難しくなってきています。

訪問のたびに子供たちや、近隣の高齢者施設のお年寄りの方から喜ばれていることから、何とかポニーをもう1頭購入したいというのが今回クラウドファンディングに挑戦する理由です。

ご支援お願いいたします。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/102


 

ハチ公ガールズも登場

16.7.28

/data/blog/archive/original/28581.jpg
あきたの本っこ制作委員会のプロジェクト「かだるフェスin大館」の詳細は以下の通りです。

地元のアイドルユニット「まちあわせハチ公ガールズ」も登場します。

支援をお願いします。


https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/89


日時:平成28年8月14日(日)

   昼の部13:00~17 : 00

   夜の部18 : 00〜21 : 00


場所:大館市大町商店街【ハチ公小径】
   〒017-0842 秋田県大館市中町1

 

入場無料です!
(夜の部は参加費がかかります。)

 


 

〈 昼の部 〉

●ステージイベント

  まちあわせハチ公ガールズ

  大館よさこいチーム鳳翔華

 

●ディスカッション形式のワークショップ

 【熟議】「熟議in大館~秋田満喫ツアーをプランニング♪~」

文部科学省提唱の「熟議」を導入。

県内でまちおこし事業を展開する方々が講師として登壇。

【パネリスト:きりたんぽまつり実行委員会会長/ゼロダテ/あきた森の宅配便】

その後のワークショップでは、まちの課題について話し合いながら、

眠っている魅力スポットを掘り起こしていきます。

事前にワークショップに参加してくれる方を募集してます!

申し込みはこのページで!

 

●マルシェ(民芸品やハンドメイド、あきたの本っこの販売)

移住相談会も開催します!

 

〈 夜の部 〉

●かだるナイト(みんなde交流会)

 事前申し込みの方は2,500円で食べ飲み放題!

参加者は一般の方々のほか、熟議参加者、マルシェ出店者、スタッフ。

みんなで一緒に「秋田」を語り、夏の夜をビアガーデン風に楽しみましょう!

(参加費:2,500円)

下記からお申し込みをお願いします。

 

※「熟議」のみの参加、もしくは「夜の部(かだるナイト)」のみの参加でもかまいません。

もちろん両方の参加も大歓迎です!!


 

〈タイムスケジュール〉

13:00 昼の部〜マルシェオープン♪
    〈まちあわせハチ公ガールズ / よさこい鳳翔華〉

14:45 「熟議」~秋田満喫ツアーをプランニング♪~

17:00 クロージングイベント〜マルシェ終了

18 : 00 夜の部〜かだるナイト〜スタート

21 : 00 〜かだるナイト〜終了

※内容、時間等については変更になる可能性があります。

 

地域の元気、語りたい

16.7.22

FAN AKITA「かだるフェスin大館」プロジェクトのメンバーからのメッセージは次の通りです。

/data/blog/archive/original/28503.jpg


このイベントを企画するに当たり、場所の提供や企画に対するご意見など、本当に多くの方々にお世話になり感謝の意を申し上げたいのと同時に、多くの方々が地元の「元気」を願っていることを改めて実感しました。

もしかすると、もっともっと多くの方々が、地元の「元気」を願いながらもそれを実現する場がなかったり、誰にも言えずに毎日が過ぎていたりするのかもしれません。

誰もが気軽に参加し、「秋田の元気」を築いていけるような場作りをしたいと強く願っています。そしてそれを実現したいと動き出しました。どうか私達へのご支援を宜しくお願い致します。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/89

未来へつながる会議に

16.7.20
/data/blog/archive/original/28479.jpg
北東アジア学生ラウンドテーブルの渋井代表が、今回のプロジェクトと活動の意義について、次のように語っています。


 私が1年間、この団体の活動や会議を通じて気付いた魅力が幾つかあります。

 まず何よりも、会議が多様性に満ちているということです。6か国地域の学生が一堂に会して北東アジアの課題について話し合うと、異なる文化で育った学生たちから多種多様な声が上がります。幅広い意見を集約し、私たちが描き上げる北東アジアの未来像は唯一無二のものです。

 二つ目は、参加者が文化の違いを自ら体験し、互いの理解が深まることです。国や地域の政治的対立により、いつの間にか相手国地域への偏見がつくり上げられてしまうことは国際社会の大きな問題の一つです。しかし、会議の開催中は全員が朝から晩まで行動を共にし、互いの文化に触れ合います。そうして約10日間の会議を終えると、参加者は互いの文化への理解が深まったことに気づくのです。

 最後に、もう一つ大切なのが友の存在です。会議の開催には長い時間と多大な労力を費やします。国内のみならず各国地域と連絡を密に取り、日程や予算を協議しています。夜遅くまでミーティングを行うことも少なくありません。通常通り授業を受けながら活動をする私たちにとって、それは容易なことではなく、くじけそうになることもあります。そんな時に支えてくれるのは同じ思いを持つ友人です。同じ目標に向かい、楽しいことも辛いことも共有する仲間との間には強い絆が生まれます。これも活動の魅力です。

 北東アジアの明るい将来へとつながる会議の実現に向け、仲間と精一杯頑張ります。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/78

TOP