「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

バンド出演は20組超

16.5.27

太平山ロックフェスティバルには、次のような出演者が決定しています。

花男
HAKAIHAYABUSA
羅漢
this is my first
CODE No.5
ささきちか
音酔
Shoot from The hip
ロビン色ノ空
中川正太朗

ケースケ&マサ
左手はそえるだけ
けんご
ヒラク
Mating Rhythm/Hacchi
とさなだっち
THE TWISTED SKELTERZ

サガシモノ
       (5月25日現在、出演決定者)

このほか、複数のプロのバンドの参加を予定しています。

ご支援お願いします。

/data/blog/archive/original/27362.jpg
 

「運命を感じるくらい」

16.5.27

つながる青空市実行委員会の永瀬幸子代表が、次のようなメッセージをご自身のフェイスブックにつづっています。

防災の日。
33年前の 日本海中部地震で 被災された皆様に
心よりご冥福をお祈りいたします。

今日 クラウドファンディングにって お店に届けに来てくれた とびきり美人の彼女。
彼女とは数年前にFacebookで友達になり
去年の青空市で初めてお会いして 本日お会いするのは2回目。
まだ2回しか会ってないのに ずっと前からの
友達みたいな彼女。

きっと 何か 通じるモノがあるのかな?
去年 つながる青空市に来てくれた時も
名乗らないのに 目と目が バジッと合ったらすぐわかった彼女。もちろん 綺麗な人ってのもあったけど 破滅的に 人の顔が覚えられない私からしたら 運命を感じるくらい。

つながる青空市を続けるようになってから
本当に 人のあたたかさ 心を感じる事が沢山あります。
何にも恩返し出来ないけど
続けていく事で それが恩返しになっていったらいいな❤️

昨日は 仙台の中学からの同級生が振込もしてくれた。
みんなに支えてもらってる事。
本当に 感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございます。

みんなで作る つながる青空市。
今年も良いつながりが 増えるような
そんな青空になるといいな❤️
/data/blog/archive/original/27333.jpg

東京・荻窪ライブ満席

16.5.26
/data/blog/archive/original/27286.jpg
カール&アラン記念コンサートプロジェクトのサイトの「活動報告」に、次のようなメッセージが掲載されています。


今回のツアーは、秋田だけでなく、香港や東京、そして青森でも演奏が決まっています。
「秋田から世界へ!」一歩ずつ外へと歩いて行っています。

まずは、東京の6月16日に荻窪ルースターというところであるライブが予約で満席になりました。

サックスに吉野ミユキさん、ピアノに外山安樹子さんを迎えます。

北秋田で行われる小沼ようすけさんとの浜辺の歌100周年記念コンサートにもたくさんの方が来ていただけるよう私たちも頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

エルビスとメンフィス

16.5.16
今日は、私たちの住んでいるテネシー州メンフィスについてお話しします。

メンフィスといえば、エルビス•プレスリーです。
エルビスも双子でした。
しかし、エルビスの双子の兄弟は、生まれてすぐになくなってしまったそうです。

/data/blog/archive/original/27054.jpg

エルビス•プレスリーは、ロックンロールのキング。

メンフィスの音楽を世界に広めてくれた人の一人です。

/data/blog/archive/original/27055.jpg

これがエルビスの家、グレースランドです。

エルビスは1977年に亡くなりましたが、今でも世界中からたくさんのエルビスファンがこの家を訪れます。

私たちも、メンフィスに来てすぐに、グレースランドを訪れました。

/data/blog/archive/original/27057.jpg

これがサン•スタジオです。

エルビス•プレスリーは、18歳の時、ここで自主制作でレコードを作ったそうです。
私たちも18歳でレコーディングしました。


エルビスは、歌手になりたいと思っていたので、このサン•スタジオに売り込みに行きましたが、プロデューサーは、なかなか首を縦に振らなかったそうです。それでもあきらめずに一年間通い続けたところ、たまたまレコーディングに来ない人がいて、エルビスがレコーディングをすることになりました。

そして、それが、ラジオに流れるとリクエストがどんどん来て、あっという間に大スターになりました。

/data/blog/archive/original/27058.jpg

/data/blog/archive/original/27059.jpg

私たちは、ロックンロールが好きで音楽を始めましたが、メンフィスに来てジャズに出会いました。ジャズが三度のメシより好きな双子です。

私たちもエルビスのように、あきらめずに続けてがんばりたいと思います。
 

テネシー州さくら祭り

16.5.12
カール&アラン記念コンサートプロジェクトがスタートしました。双子の2人がアメリカからメッセージを送ってきました。メッセージの冒頭部分を、以下にご紹介します。詳しくはサイトの「活動報告」をご覧ください。

/data/blog/archive/original/27014.jpg

みなさん、こんにちは!

カール&アラン•マグワイアです。

左が兄のカール、右が弟のアラン。
20歳になった一卵性の双子の兄弟です。

この写真は、この4月、テネシー州ナッシュビルのさくら祭りで演奏した時のものです。私たちの第2の故郷、秋田県北秋田市観光協会のはっぴを着て「浜辺の歌」を演奏しました。

私たちは、15歳でアメリカ、テネシー州メンフィスに引っ越して、ジャズと出会い、それ以来ジャズに夢中です。
 

TOP