「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

西馬音内ワインバープロジェクト後藤社長からのメッセージ

16.1.29

リリース2日目で150万円の目標金額を達成した【西馬音内ワインバープロジェクト】
後藤裕樹社長からのメッセージです!

詳細はこちらから
http://fan-akita.sakigake.jp/project/43/report/

フードバンクもう一押し

16.1.25


食べ物に困っている人たちに食料品を届ける「フードバンク秋田」の支援拡大プロジェクトが、目標額の70%を超えました。

多くの方々から温かい支援の手が差し伸べられています。

「お腹のすいた子どもたちに笑顔を届けたい」「医療費がかさんで食費が底をつき、食べ物のない人を手助けしたい」―。

そんな思いで頑張っているフードバンク秋田の活動をより一層バックアップしていきましょう。

「ここはぐ」を応援しよう

16.1.15



「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会プロジェクト終了まで、残りわずかとなりました。

この上映会を企画する子育てグループ「ここはぐ」を、最後まで応援してください。

応援メッセージを以下の通り、あらためて掲載いたします。



3人の男の子の母として、子育ての真っただ中にいる「ここはぐ」代表の小田嶋麻貴子さん。幼い頃から「お母さんになるのが夢だった」と素直に語る。


その原点には、高校生のときに余命いくばくかの母に寄り添い、4年半もの間、生と死に真正面から向き合わざるを得なかった体験がある。

「死をもって、生を知った。人生はすべて過程の中にあるんだ」


そんな思いを抱いていたとき、ドキュメンタリー映画「うまれる」の制作に取り組む豪田トモ監督と出会った。この映画には2秒間だけ、長男と2人で出演している。

「出産を通して、自分を見つめることができる。お産をしっかり見つめると、子育てが分かってくる」


妊婦が自然に産める助産院の機能をもつ「産前産後ケアハウス」を秋田にもつくりたいと考え、将来を見つめる。

少子化が進む日本で、多くの人たちに伝えたいメッセージを数多く携えている。

                                                     (田口)

 

樹木希林さんの語り口

16.1.5


ここはぐの上映会プロジェクト「うまれる ずっと、いっしょ。」のドキュメンタリー映画のナレーションは女優の樹木希林さん。

この映画のナレーションを務める思いが伝わってきます。

以下のブログをご覧ください。



http://www.umareru.jp/blog/2014/06/post-1344.html

TOP