「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

里山學校始まりました

15.11.26

【祝!あきた里山學校 開校!】

スタッフのまどかです( ^^ )

11月22日・23日の両日、あきた里山學校の開校式と第一回目の授業を実施しました!
両日ともに生憎の天候でしたが、皆さん元気にお集まりになり、終始和気あいあいと里山學校を楽しんで下さいました。

改めて、今日まで支えて下さった皆様のお力添えや応援に、心より感謝申し上げます。

まずは受付を済ませ、開校式まで学生証を作ったり、農家民宿重松の家を探検!
初めての方も、何度も訪れている方も、どこか懐かしい雰囲気に心和みます。

開校式、スタッフ紹介、出席の点呼を兼ねての自己紹介を済ませると、お待ちかねの授業のはじまり〜!

記念すべき第一回目は、秋田市大町にあります平沢商店さんをお迎えし、お米の授業と米袋エコバッグ作りを行いました。
平沢さんは、五つ星お米マイスターでいらっしゃいます。お米に関する知識はもちろん、お店では様々な種類のお米を取り扱っており、店頭で丁寧に精米もして下さいます。

お米の中には、身体を作る大事な栄養素が詰まっている事を、可愛らしいぬいぐるみで分かりやすく教えて頂きました。

続いては米袋エコバッグ作り。
ハトメを打つ時は、お父さんたちの本領発揮!力強くガンガンと金槌を打つ姿に、お父さんたちの株が上がったとか・・・?
いえいえ、お母さんも小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも頑張りましたよ!
30kg用の米袋なので、出来たエコバッグにはお子さんが入って持ち上げても大丈夫(∩´∀`)∩
難しい手順もありましたが、皆さん器用にこなしておりました。

その最中にも、廊下ではいい匂いが・・・
お腹空いたよ〜!
給食給食!!!わーい!!!

今月は「おむすび給食」♪♪
大きなおむすびに、お味噌汁、野菜のおかずがこんなに(∩´∀`∩)
重松の家の祐子さんと則子さんのお手製給食、ご飯はもちろんカマド炊き。
どれを食べても温かく優しい味、しっかりとお代わりもして、元気満タン(*´ч`*)
さぁ、野菜の収穫に行きましょう!

今回は、ブロッコリー・水菜・大根2種を皆で力を合わせて収穫しました。
うんとこしょ、どっこいしょ、泥汚れ大歓迎〜♪♪
寒さも忘れて精一杯楽しみました!

23日は、天候を見ながら最初に野菜を収穫し、給食と米袋エコバッグ作りを楽しみました!
いずれもご参加頂けなかった方のために、29日にも実施予定です。

来月は年末らしく「しめ縄作り」の授業です。そちらも是非お楽しみに!

上映会のスタッフ結束

15.11.20




《うまれる ずっと、いっしょ。の試写会を行いました!》



「ここはぐ」代表の小田嶋です。


先週の11月15()に、来年130日(土)の上映会当日にお手伝いしてくださるボランティアの方々や、ここはぐスタッフが集まり、映画『うまれる ずっと、いっしょ。』の試写会を行いました。


ずっとずっと私自身が待ち望んでいた映画。


4月に子どもと岩手県に観に行ったその日から、早く、早く秋田の人たちに届けたい!とずっとあたためてきた想いが、15日に大切な仲間やお手伝いしてくださる方々についにお披露目できるなんて・・・とまるで自分が作った映画のように朝から胸が熱くてドキドキそわそわしていました。


私もまた観たい!と思っていたので、本当にうれしくて。。。


やっぱり、何度見てもすごく感動です。オープニングから涙が出てきました。


一日に二回試写会を行ったのですが、私は連続で観ましたが連続で観ても本当によかったです。


胸にこみ上げてくる感情がどんどんあふれてきて自分でも整理できないまま、奥底からこみ上げる自分の想いにただただ素直に涙を流して観れました。


心に入ってくる言葉やシーンが二回とも重なる部分があったり、また、違う部分がぐっときたり。。


試写会のあとは、みんなで円になって感想をシェアし合いました。


「観れてよかった!」とみんなが言ってくださいました。来てくださった方々、お忙しい中お時間を割いてきてくださいまして本当にありがとうございました!


早く秋田のみなさんにもお届けしたいです!


年代を超えて、本当に様々な立場で共感したり感動できると思います。


たくさんの秋田の方に、元気と希望を与えられ、そして気付きや学びを感じるきっかけを作ることができるようにここはぐ一同心を込めて準備を進めて参りますので、どうぞよろしくお願いします。


ここはぐ代表 小田嶋 麻貴子



生きる希望と幸せ感じて

15.11.18



少子化の進む秋田で、子どもを授かるということ、子どもを育てるということ、人として生きるということに前向きになってほしいー。そんな願いから、自主制作のドキュメンタリー映画「うまれる」に携わってきました。

 

そして今回、その第2弾となる映画「うまれる ずっと、いっしょ。」の自主上映会を企画しました。この作品は何度見ても、見るたびに、たくさんの気づきと学びがあります。多くの方々に妊娠と出産の尊さや、その素晴らしさを伝えてくれます。人の命について、親子の向き合い方を見つめ直すきっかけになってくれると思います。

 

「ここはぐ」では、ぜひ1人でも多くの方に「生きる希望と、今ある幸せ」に気づいていただきたいと思っています。そして、当たり前のようであって、当たり前のようでない人生の日々を送っていただきたいと願っています。

 

                                                   (「ここはぐ」代表 小田嶋麻貴子)

もうすぐ里山學校だ

15.11.12

「FAN AKITA」のあきた里山學校プロジェクトを担当した大沢は、秋田県内で最も少子高齢化が進み大自然豊かな上小阿仁村の出身です。

学生時代を東京都内で過ごし、華やかな都会の暮らしにあこがれていたのですが、今年7月にこのプロジェクトオーナー「未来塾」のイベントに参加。あらためて自然に触れる経験の尊さを実感し、懐かしさを覚えたそうです。

未来塾が目指す「多世代協働のコミュニティづくり」にとって、自然と戯れる里山學校プロジェクトがいかに大きな意味を持っているか、深く考えさせられます。


 

この未来塾の代表・山﨑純さんは、全国各地の女性リーダーたちが集う会合に数多く参加し、現在は秋田市総合計画・地方創生懇話会の委員も務めています。

秋田市北部の上新城地区に3年前から通い始め、行くたびに「(宮崎駿監督の長編アニメ映画)トトロが出てきそうなワクワクした雰囲気に感動する」と話しています。

「春夏秋冬、どの季節も素敵。まずはこの風景を皆様にお見せしたい。そして、自然豊かな体験をたくさんの親子にしていただきたい」。

参加を申し込んだ家族や地域の方々と、みんなで一緒につくる「里山學校」の開校がもうすぐです。



「恋ベリープロジェクト」へ応援メッセージが届きました!

15.11.6
大曲エンパイヤホテル 芦原総料理長から応援メッセージをいただきました!

詳細はこちらから
http://fan-akita.sakigake.jp/project/23/report/


TOP