「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

MaMaKe ままけ

19.2.7

親子が一緒に食事する―。その光景が何と愛おしいものでしょうか。

子どもと食を共にする時間さえ確保しにくい一人親世帯のために、食卓を囲んで親子団らんする時間と場所を用意してあげたいと、秋田たすけあいネットあゆむ(秋田市、保坂ひろみ代表)がFAN AKITAプロジェクトを立ち上げました。

「孤立しがちな一人親世帯に、何とか手を差し伸べたい」「おいしい物を食べながら、親子が心を通い合わせる場所を提供してあげたい」という思いがこもっています。

秋田たすけあいネットあゆむのメンバーは、一日の食事もままならない家庭に食料を支援したり、学習塾に通って勉強したくても学費がまかなえない小中学生に「無償の学習室」を確保したり、そして、高校の制服をリユースして無償で貸し出したりといったボランティア活動を続けている方々です。

今回新たに企画された「親・子食堂」のプロジェクト名は「ままけ」。秋田弁でずばり「ご飯を食べて」の意味。

「MaMaKe(ままけ)」に支援の輪を広げていきたいものです。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/480


/data/blog/archive/original/44651.jpg

TOP