「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

人とクマの共生を描写

17.9.14

マタギの里・北秋田市打当地区にある「くまくま園」は、生き生きとしたクマの姿や、かわいらしい子グマを間近で見ながら、「クマと人との共生」を考えさせられる動物園です。
 
クラウドファンディング「FAN AKITA」では、「くまくま園」にいる「のりちゃん」(雌)というクマを題材にした絵本を制作するプロジェクトが始まりました。
 
マタギの里の文化に触れ、クマへの理解が深まることを期待して、秋田県内の小学校に絵本を贈る計画です。
 
プロジェクトオーナーは「最近、クマによる被害が多発し、悪い印象ばかり広がっているのは、非常に残念なことでもあります。人間とクマは本来、共生できるはずです」と話しています。
 
プロジェクトへの支援の輪を広げていきましょう。
 
FAN AKITAプロジェクトのページ
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/284

 
/data/blog/archive/original/38418.jpg
 

目標到達、再スタート

17.8.7
 7月28日にスタートした「歌と絵のライブツアー」プロジェクトが8月6日、わずか10日で目標の40万円を突破しました。皆さんのご支援に支えられてのスピード到達です。ご協力に心から感謝します。

 ですが、クラウドファンディングはまだ終わりではありません。プロジェクトオーナーの「渡部絢也&いせきあい」さんは支援金額が60万円、80万円、100万円に到達した場合の追加のリターン、ライブでの特典を用意しています。

 ファンあきたの本文と「活動報告」で追加の特典が詳しく説明されています。
 次の目標は60万円。皆さんのご支援を引き続きどうぞよろしくお願いします。

 https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/267

 追加リターンの一覧表は次の通りです。
/data/blog/archive/original/36845.jpg

ラジオでPR

17.8.1
 「ちんあなごのうた」で人気のユニット「渡部絢也&いせきあい」さんのプロジェクトが順調なスタートを切りました。秋田県内10カ所で子どもたちのために無料ライブを開く「歌と絵のライブツアー」プロジェクト。7月28日のスタートからぐんぐん数字を伸ばし、5日後の8月1日現在で71%の支援が集まりました。皆さんの応援に心から感謝します。

 シンガーソングライターの渡部さんとイラストレーターのいせきあいさんのお二人はお仕事の合間を縫って、プロジェクトのPR活動にも奔走しています。渡部さんはご自身が出演するラジオ番組の中でクラウドファンディングの仕組みや意義について丁寧に解説。分かりやすい語り口で皆さんに協力を求めています。このほか、お2人が登場する動画もネット上にアップし、ご自身のプロジェクトの内容を説明しています。

 ラジオ番組と動画は、渡部さんが「ファンあきた」に書き込んだブログ「活動報告」から視聴できます。ぜひ視聴してお2人の思いにご理解をいただければと思います。7月30日に行われた鹿角でのライブの様子も合わせて紹介されています。
/data/blog/archive/original/36584.jpg
 皆さんのご支援をお待ちしています。
https://fan-akita.sakigake.jp/project/report/267
 

若者たちが続々と

17.7.7
7月23日の地域起こしイベント「第5回湯沢ストリート村」への協力を呼び掛けている「湯沢ストリート村プロジェクト」が終了まであと11日となりました。

ファンあきたの「活動報告」にはこれまで実行委員会メンバーの若者たちが代わる代わる自身の思いを綴っています。「活動報告」がこれだけ充実しているのはなかなかない珍しい例です。

自身がなぜ湯沢にUターンしたのか、なぜ私がふるさとの地域起こしに熱くなって取り組んでいるのか―。

若者たちの素直な思いが綴られています。それぞれの表情を伝える写真も掲載されています。ぜひ読んでみてください。
https://fan-akita.sakigake.jp/project/report/227
/data/blog/archive/original/35832.jpg

初の地ビール羽後麦酒

17.7.5

幽玄で優美な「西馬音内盆踊り」で知られる秋田県羽後町に、初めての地ビール「羽後麦酒」が誕生することになりました。

クラウドファンディング「FAN AKITA(ファンあきた)」を活用し、多くのサポーターから支援を得て、目標額を突破し、必要資金の一部に充てることができます。

羽後麦酒のサポーター募集はまだ3週間続きます。

地元の若者グループが長年、追い掛け続けて、ようやくたどり着こうとしている夢の実現を盛り上げていきたいです。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/232


/data/blog/archive/original/35733.jpg

TOP