「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

秋田犬と光のメルヘン

18.11.20
/data/blog/archive/original/44039.jpg

愛くるしい秋田犬の雪像に出会える「犬っこまつり」の伝統行事で知られる秋田県湯沢市。

市内の商店街にあるドイツ風の街並みがイルミネーションで彩られ、メルヘンの世界に誘うプロジェクト「ゆざわ ジークブルガー通り 光のフュージョン」の実施計画が進んでいます。

支援の締め切りまであと3日。実現に向けてみんなで後押していきたいです。


https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/447

応援するだけで長生きできそう!

18.11.8

/data/blog/archive/original/43952.jpg
 秋田魁新報電子版に掲載されている「秋田健 アキタ=ケンコウ」のコーナー「記者マッキー体験記 きょうはヘルシー気分」に11月8日、夏の甲子園準優勝投手で日本ハムにドラフト1位指名された金足農業高校の吉田輝星投手が登場しました。

 記者マッキーは吉田投手とキャッチボールを体験。「きれいなフォームから放たれるナイスコントロールの吉田くんの球は、私が構えたグローブにスッと入る。そのおかげか、次の投げる動作に入りやすく、何とか真っすぐ投げ返すことができた」などとつづっています。

 記事の中で、吉田投手は「(プロ野球選手になると)秋田で試合をする機会はなかなかないかもしれないけど、新聞やテレビを通じて多くの人に感動や勇気を与えられる選手になるよう頑張ります」と力強く話しています。

 これに対し、記者マッキーは「そんなキラキラ輝くオーラを放つ吉田くんを見て、応援するだけでも健康で長生きできそうと感じた。これからもっともっとすごい大投手に成長した吉田くんと、またいつかキャッチボールができるといいな」と締めくくっていました。

 秋田発のクラウドファンディング「FAN AKITA(ファンあきた)」も、吉田投手のファンとして応援していきます。

 記者マッキー体験記の詳細は次のURLからご覧下さい。
 https://kenkou-nihon1.jp/mackey
 
 秋田魁新報電子版
 https://www.sakigake.jp/

 

日韓いのちの交流が開催されました

18.10.29
FAN AKITAで募集した日韓いのちの交流が秋田市で行われ、
韓国・忠誠南道の自殺対策担当者らが
民・学・官一体で自殺予防を推進する「秋田モデル」の活動に理解を深めました。

/data/blog/archive/original/43839.jpg

秀麗無比なる鳥海山よ

18.9.26

/data/blog/archive/original/43542.jpg

〝秀麗無比なる〟鳥海山のふもとを舞台に、華麗なフラダンスのフェスティバルが繰り広げられました。秋田魁新報の記事(2018年9月23日付)で次のように紹介しています。
~~~~~~~    ~~~~~~~    ~~~~~~~  ~~~~~~~

 秋田県内外のフラダンスチームを招いた「Mt.Chokai ALOHA フェスティバル2018」のステージイベントが9月22日、由利本荘市鳥海町伏見の市民俗芸能伝承館まいーれで開かれた。秋田や沖縄など5県の9チームが踊りを披露し、観衆を楽しませた。

 県内のフラダンス愛好家らでつくる実行委員会の主催。同市でフラダンス教室を主宰する菊地美栄子代表らが、地元の人たちにハワイの文化に触れてもらおうと初めて企画した。運営費の一部は、インターネットで出資を募るクラウドファンディング「FAN AKITA」(ファンあきた)を活用した。

 県内外から約200人が来場。華やかなドレスや花飾りを身に着けたフランダンスチームのダンサーたちは、ゆったりとした音楽に乗せてしなやかな動きを見せ、観衆を魅了した。オープニングでは市無形民俗文化財「天神あやとり」と、本海獅子舞番楽二階講中による「祓(はら)い獅子」が上演され、ステージに花を添えた。

 にかほ市象潟町から訪れた梯佳菜子さん(36)は「これほど多くのチームの演技を一度に見たのは初めて。笑顔で踊る様子が魅力的で、引きつけられた」と話した。

 23日午前8時半からは、同市鳥海町猿倉の「ホテルフォレスタ鳥海」でワークショップを開催する。フラダンスやウクレレなど、ハワイにちなんだイベントを体験できる。有料。

 

千秋花火と金農カラー

18.8.29

「大曲の花火」が過ぎ去り、9月15日(土)には「千秋花火」が秋田市の千秋公園で計画されています。

久保田城跡のお堀に映るナイアガラの景色と、二の丸から打ち上がる花火の競演は、秋の風情を満喫させてくれることでしょう。

大曲の花火では、夏の甲子園で準優勝した金足農業高校野球部の栄誉をたたえて、チームカラーの紫色に染まった満開の花火が、夜空を照らしました。

金足農の地元で開催される千秋花火では、金農カラーの花火はもちろん、〝カナノー〟にちなんだ演出が見られるでしょうか。

クラウドファンディングの千秋花火プロジェクトの達成にご支援ください。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/420
/data/blog/archive/original/43272.jpg

TOP