「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA リポート

ちさと支援の輪広がる

18.8.9
/data/blog/archive/original/43000.jpg

シンガーソングライターちさとに支援の輪が広がっています。
 
ちさとがつづった文章が胸を打ちます。

 
 私は秋田県内を中心にイベントや障がい者施設、老人ホームなどでギター弾き語りライブをする活動をしています。
 ライブ活動をする中で、お客さんから「もう一度聴きたい」、「CDを作ってライブがなくても聴けるようになりたい」というお声を頂いています。
また、私自身ももっとたくさんの人に、まだ私の歌声を聞いたことがない人に聞いてもらいたいと思っています。そんな思いからCD製作をすることにしました!
 3曲入りシングルCDを作成します。
 10月発売を目指していますので、みさなんの応援、ご支援どうぞよろしくお願いします!
 
  私には「高次脳機能障がい」という障がいがあります。
 私は小学3年生の時に急性リンパ性白血病になりました。白血病の治療の影響で脳梗塞を発症してしまい、その影響で高次脳機能障がいという障がいが残ってしまいました。障がいがあるとわかったのは高校2年生の時でした。 


文章の続きは、以下のURLから読むことができます。
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/418

 

涼を求めて、ビーチへ

18.7.4

秋田県の出戸浜海水浴場で先日、海開きがありました。

暑い日が続くと、涼を求めて海岸に足を運びたくなります。

梅雨明けまではもう少しでしょうか。

さわやかな夏の到来が待ち遠しく、渚で遊びたい気分は高まるばかりです。

そんな夏のビーチでバレーボールをするのは、また格別でしょう。

ビーチバレーボール選手を育てたいというクラウドファンディング「FAN AKITA(ファンあきた)」のプロジェクトにご支援ください。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/391

/data/blog/archive/original/42634.jpg

人との関わり生まれた

18.5.17

秋田市の県民会館で5月16日開かれた第66回全日本広告連盟(全広連)秋田大会で、「広告の未来、地域の未来」をテーマにパネルディスカッションが行われ、地方に住む人や企業、グループなどの夢の実現を後押しする「クラウドファンディング」が話題に上りました。

取り上げたのは、「FAN AKITA(ファンあきた)」を秋田魁新報社と連携して開設した秋田銀行の新谷明弘頭取です。電通の山本敏博社長、ヤフーの宮澤弦常務執行、KDDIの田中孝司会長とともにパネリストを務めた新谷秋田銀行頭取の発言をご紹介します。

 「県民の労働生産性を引き上げ、1人当たりの所得を増やすことが大切。企業に加え、起業する人材も支援している。秋田発のクラウドファンディング『FAN AKITA(ファンあきた)』は、本県で『新しいことを始める』『地域課題を解決する』人を応援している。秋田魁新報社と秋田銀行が参画し、2年半で61件中54件のプロジェクトが成立した。
 大仙市の工場でジャムを製造する企業『ローズメイ』(東京都町田市)は、秋田県仙北市のJR角館駅前で直売店を開く資金を募ったところ、全国の227人から400万円超を調達した。九州の支援者が開店に駆け付けるなど、多様な人との関わりが生まれた」


/data/blog/archive/original/42033.jpg

※FAN AKITA「ローズメイ」プロジェクトのURL
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/132

 

欧州で「秋田の行事」

18.3.2

/data/blog/archive/original/41003.jpg

秋田市出身のUKジャズダンサー、Yoshitakaが、「FAN AKITA」の自身のプロジェクトページで、以下のように活動報告を行っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

渡欧1年目の活動報告

YOSHITAKAプロジェクトにご支援頂いた皆様、お久しぶりです。
2016年12月19日にオランダに渡り、早くも一年以上が過ぎました。
本当にあっという間の1年でした。
渡欧1年目の活動報告をさせて頂きます。


公演/パフォーマンス
2017年
3月 オランダ、クレンボルフ De Gelderlandfabriek
         オランダ、ライデン Theatre Ins Blau
5月 フランス、パリ パリ日本館(パリ希望祭)
    オランダ、ロッテルダム Asia Food Festival
         オランダ、アムステルダム OT301
6月 オランダ、クレンボルフ De Gelderlandfabriek
9月 オランダ、ロッテルダム Camera Japan Festival
         イギリス、ロンドン Japan Matsuri London
10月 オランダ、アムステルフェーン Japan Festival Amstelveen
         オランダ、アムステルダム Cafe Belcampo
11月 フランス、パリ Cool Akita in Paris
12月 フランス、パリ Onuma Yosuke Live ゲスト出演
2018年
1月  ドイツ、ベルリン Japan Festival Berlin

CM
Amazon music https://youtu.be/5lul1LhWrC8   
Phonak https://youtu.be/O4vk237gNs4 

こちらのリンクで一番最新の、昨日ベルリンで踊った映像が見られます。
https://photos.app.goo.gl/TzVfxrxAGYK7S7tH2 

現在までにオランダ、イギリス、フランス、ドイツなどヨーロッパ各地で秋田の民俗芸能を取り入れた踊りを披露して来ました。UK Jazz Danceに日本、秋田の民俗芸能を融合させた全く新しい独自のパフォーマンス。

特にやはり一番見てもらいたいのは藤田嗣治の秋田の行事を表現した踊り。
こちらに来て実際にヨーロッパの人に聞いて見ると、思っていたよりもヨーロッパで藤田嗣治や壁画「秋田の行事」を知らない人がほとんどなので基本的には何も知らない状態で見る事になります。
今回のベルリン会場はちゃんとした劇場でプロジェクターもしっかりしていて、Documentary film 「The winter events of Akita」を上映してから秋田の行事を踊る事が出来ました。
壁画の事を知らなくてもその背景にある秋田の冬景色や祭り、風俗を視覚的に感じてもらい、そのまま踊る事が出来るのでこれはとても好評です。

そして実は全く秋田も藤田嗣治も秋田の行事も知らないヨーロッパの人の前でパフォーマンスをする事、
つまり何の事前知識もない状態で踊りを見て、どう感じてもらえるのか、という所に物凄く燃えるものがあります。

今回も公演映像を秋田ケーブルテレビに送るのでそちらの番組でも見て頂けると思います。

この1年間ヨーロッパの色々な国でパフォーマンスしてきましたが、とても有難い事にほぼ毎回喜んでもらい、また呼びたいと言って頂いています。

見た人の中にはもちろんなんじゃこりゃと思った人もいるだろうし、一瞬でも気を抜いたら自分のパフォーマンスは全くよいでないものになると思います。

だからこそ毎日のトレーニングから常に自分を磨くのが、ここでDancerとして生きる為のライフライン。
それと同時に必要なのがSelf promotion。これが今の自分に致命的に足りないのが、今回他の出演者から指摘され、痛感しました。

ヨーロッパ1年目は何とかダンスだけで生き抜く事が出来ました。
パフォーマンス、CMの仕事だけではまだまだ生活するには足りないので毎週1~2回UK Jazz Dance workshopも開催しています。
 
ヨーロッパ2年目、しっかり生き抜き、もっと活動を拡げていく為に必要な事、あらゆる可能性にどんどんアタックして行かなければ未来はありません。
今年は何とかして単独ヨーロッパ公演ツアーを実現させたい。

失敗とは挑戦しない事。


ヨーロッパでの戦いはまだまだ始まったばかり。


頑張ります。

                 Yoshitak
a

江戸時代の味と香りは

18.2.14

サクラの名所と武家屋敷で知られる城下町の秋田・角館で、江戸時代の奇才・平賀源内が、「解体新書」の挿絵を描いた秋田蘭画の小田野直武に振る舞ったという「珈琲(コーヒー、南蛮茶)」とは、どんなものだったでしょうか。

江戸時代のコーヒーの味わいを再現したいというクラウドファンディングのプロジェクトを支援したいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本のダ・ヴィンチと称される源内が直武に振舞ったコーヒーを245年の時を経て再現。そして、秋田の中でも独自の文化が息づく角館から新たな視点でコーヒー文化を発信しようと決意している次第です。

この新商品「源内カウヒイ」を皆様へお届けするため、当社店舗のほか、角館のお土産店等で販売する予定です。詳細が決定しましたらホームページ・ブログ等でご案内いたします。

みちのく小京都の角館で、はんなりと桜咲く季節に悠久浪漫溢れる一杯の珈琲を楽しんでいただけたら幸いです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プロジェクトを企画した秋田市の青井さんは、以上のようにつづっています。

https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/356

/data/blog/archive/original/40821.jpg



 

TOP