「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

「ここにいるよ」と伝えるために。秋田初の「プライド・マーチ」を開催する!プロジェクト

2020.02.16

雪が解けてきました

みなさん、こんにちは。報告の間があいてしまって、たいへんすみませんm(__)m
前回は「雪が降りました」と書いておりましたが、あっという間に、
秋田市は雪が消えてきました。2月の秋田は例年、雪、雪、吹雪
なんですが、もう春なのかなあ・・・と感じる日々です。

みなさまからご支援をいただいておりますクラウドファンディング
なんと、
60%まで近づいています。ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。がんばるぞ!!!!!!

実行委員の​メンバーはいま、マーチにむけてさまざまな準備をしています。うれしいことに「何か協力できませんか?」「一緒にやりませんか」と声をかけてくださる人たちが増えていて、輪が広がっているのを感じます。たとえば、性暴力について考える「フラワーデモ」の活動をしている秋田のみなさんとつながれたり、小中学校の先生方が「フライヤーを配るよ」と言ってくださったり…

自分たちが目指していたことは、こういうことなのかもしれない、と
思いました。

「この道を行こう」と、少し不安まじりに歩きはじめたら、いろんなところから人が集まってきて、時には思いがけない人が来てくれて、輪がつながって広がっていく。それぞれの旗を持って、それぞれの思いを抱いて歩きながら「生きているっていいなあ」と感じてほしい。

そういうパレードにしたいし、そういう社会にしたいです。

準備をしながら、自分たちが何を目指していたのか
くっきり輪郭が見えてきているような気がしています。


さて、リターンのグッズをつくってくれている仲間から、
新たな完成品の写真が届きました!!


/data/blog/archive/original/48761.jpg
すてきです!(泣)夜なべしてくれて、ありがとうm(__)m

このレインボーグッズをつくってくれている仲間には、
アーティスト名(筆名かな?)がありまして…


田島信夫」さん、です(※本名ではありません)

ほんわかした雰囲気の人なのですが、
田島信夫(^^)
本人とのギャップのある名です。次に会った時、この名前の由来を聞いてみたいと思います。ホント、いつもありがとう。

マーチで流す音楽は、実行委のメンバーである高校生が考えてくれて
います。ちなみにわたしは
QUEENを推しています。

それではまた、報告します。
これからも応援、どうかよろしく
​お願いいたします。
 

2020.02.08

秋田は雪です

みなさま、こんばんは。秋田は2日前から久しぶりの大雪に見舞われ、一面、白くなっています。

「今年はゆぎ、降らねなー」「なんか、さびしねな(寂しいな)」

とみんな口々に話していましたが、いざ降るとやはり大変です。
道路はボコボコ、車は「かまくら」状態、視界はホワイトアウト・・・

そんな中、秋田プライドマーチに寄せられたみなさまのご支援に、胸が熱くなっております。
こんなにも理解してくださる人たちがいるんだ。
応援してくださる人たちがいるんだ。
よし、がんばろう。
声に出すことができなかった。何も言えなかった。つくり笑いをうかべるしかなかった。そんな日があったことを忘れず、仲間たちの思いを胸に、ひとつひとつ準備を進めていきたいです。

さて、クラウドファンディングのページをごらんになって、お気づきのかたもおられると思いますが、

 

リターンの手作りレインボーグッズの画像を
アップいたしました!



/data/blog/archive/original/48685.jpg

/data/blog/archive/original/48684.jpg
(※白鳥とクマさんはモデルです)

レインボーのアクセサリーに、レインボーのリストバンド。
つくって
くれたのは、わたしたちの仲間の一人です。
その人はアイデア豊かで、いつもすてきなレインボーグッズを作ってきては、そっと見せてくれます。
心のこもった仲間のレインボーグッズを、ぜひ多くの人の手に―。
そう願って、秋田プライドマーチの「リターン」にさせていただきました。

秋田の雪がとけて、新緑の季節になる5月23日、みなさんと一緒に歩けることを願っております。おやすみなさい・・・


 
2020.02.05

ありがとうございます

秋田で初めてのプライドパレードをやろう。そう仲間たちと歩きだしてから、およそ8カ月。昨日2月4日から、みなさまのご支援を募るクラウドファンディングがスタートしました。

人生初のクラウドファンディング。果たして、投資してくださる人はいるのだろうか。
わたしたちの思いは、伝わるだろうか。不安ばかりが大きくなっていました。
ただ一つ、揺るがなかったのは、この道を歩こう、という思いです。

そして、クラウドファンディング1日目。
ご支援いただいた額が、目指した額のおよそ4割まで来ている・・・
驚きと感謝の気持ちで、いまはいっぱいです。
どうかひきつづき、ご支援を宜しくお願いいたします。

/data/blog/archive/original/48628.png/data/blog/archive/original/48629.jpegこちらが、秋田プライドマーチのちらしとなっております。
プライドパレードのシンボルであるレインボーは、さまざまな歴史を経て現在は「6色」です。

ここに私たちは「水色」をくわえ、「7色」のデザインにしてみました。
水色には「変革―秋田を変えていきたい」という願いを込めております。
秋田でパレードをする意味を考えたいと思い、打ち出したデザインでした。
デザインはこの後も、改良していきたいと思っております。

2020.02.04

スタートしました。

始まりました~。初日にご支援いただき、感謝です!!
ありがとうございます。


当日5月23日のスケジュールです。

/data/blog/archive/original/48617.jpg
きょう2月4日は、まだ、初日です。
残り79日、パレードの実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

 

プロジェクトオーナー紹介

秋田プライドマーチ実行委員会
2019年6月設立。共同代表は国際教養大学ダイバーシティクラブ代表・伊藤月菜(るな)、秋田公立美術大学LGBTサークル代表・村田葵(あおい)、性と人権ネットワースESTO代表・真木柾鷹(まさきまさたか)。メンバー10人で構成。

現在の支援状況

カテゴリー|
挑戦する人
教育・福祉
地域活性化
イベント
文化・芸術
現在集まっている金額
391,000円
目標金額
300,000円
130%
サポーター
62人
終了しました

支援いただいた方への特典

【プライド・マーチ】千円メールコース

1,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼のメール
支援口数 | 10口
【プライド・マーチ】千円グッズコース

1,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ1点
支援口数 | 7口
【プライド・マーチ】3千円プラカードコース

3,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • あなたのメッセージをプラカードにします
支援口数 | 3口
【プライド・マーチ】3千円グッズコース

3,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • 手作りのレインボーグッズ
支援口数 | 15口
【プライド・マーチ】5千円プラカードコース

5,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • あなたのメッセージをプラカードにします
  • 手作りのレインボーグッズ1点
支援口数 | 0口
【プライド・マーチ】5千円グッズコース

5,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • 缶バッチ2点
  • 手作りのレインボーグッズ2点
支援口数 | 22口
【プライド・マーチ】1万円コース

10,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • あなたのメッセージをプラカードにします
  • 手作りのレインボーグッズ2点
支援口数 | 4口
【プライド・マーチ】3万円コース

30,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • あなたのメッセージをプラカードにします
  • 手作りのレインボーグッズ各2点
  • スタッフ用リストバンド
支援口数 | 4口
【プライド・マーチ】5万円コース

50,000円 の支援で
  • 感謝の気持ちを込めたお礼の手紙
  • ロゴ入り缶バッチ2点
  • あなたのメッセージをプラカードにします
  • 手作りのレインボーグッズ2点
  • スタッフ用リストバンド
  • 「多様な性を生きる人のための防災ガイドブック」(2017年10月発行)
支援口数 | 1口

TOP