「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

【秋田のいいとこ再発見!「かだるフェスin大館」】元気な秋田人が集合します!

このプロジェクトについて

秋田県といえば、全国的には「自殺率」「少子高齢化」「がん死亡率」など、暗いワードで目にすることが多いのが現状です。しかし、私達が趣味で手掛けてきた「秋田にまつわる冊子」制作の中で、秋田には暮らし・文化・歴史など自分達が気づいていなかった魅力がまだまだねむっていることを思い知らされました。

「かだるフェスin大館」では、秋田の魅力を再発見し、秋田で元気に生きる人との繋がりを生みだす企画を考えています。「秋田も結構いいとこあるじゃん」「残りの夏休み、私も楽しみたいな」そんなちょっとした希望の声が聞かれることを願って、企画を進めています。

企画イベントの一つ「熟議in大館」は、様々な年代の人に集まっていただき「秋田満喫ツアーをプランニング♪」するイベントです。誰でもお気軽に参加していただく予定です。雑誌にも載っていない自分だけのお気に入りのお店、歴史ある石碑がある場所、家族で見たい絶景スポット等々、皆さんが知っているお気に入りの場所を紹介し合い、「秋田を満喫できるツアー」を組み立ててもらいます。また、イベント開催中はバザーや販売コーナー、体験コーナーなども開いています。例えば、「曲げわっぱ弁当」をインターネットで注文受付・販売をしている「合同会社クラウドプロダクション」の方々に協力していただき、当日は曲げわっぱ弁当の展示や注文受付をします。会社は東京にあるのですが、県外から秋田を支えている人として友人に紹介してもらい、繋がりが生まれました。

(曲げわっぱ)
/data/project/89/曲げわっぱ.jpg
他にも繋がりのある様々な方をお呼びします。秋田で元気に生活する人、県外から秋田を支えている方に会えるかもしれません。同時に、会場に足を運んで下さった方に協力していただき、「あきたの本っこ」の次号の取材も行いたいと思っています。

場所は大館にある「ハチ公小径」です。飲食店が並び、時には地元のイベントも行われている場所です。今回イベントの企画を紹介させていただいたところ、快く場所を提供していただくことになりました。夕方には明かりが灯りレトロな雰囲気が漂います。

(ハチ公小径)
/data/project/89/ハチ公小径.jpg
(ハチ公小径の場所)
/data/project/89/マップ.jpg

イベントは、今年8月14日の開催予定です。イベントをお盆の期間に設定することで、秋田在住の方はもちろんのこと、県外から帰省中の方々にも、ぜひ参加していただきたいと思っています。今回皆様からご支援いただく資金は、イベントの運営資金の一部に充てさせていただきます。

 

プロフィール

こんにちは!秋田県大館市に生まれた「あきたの本っこ制作委員会」の若松志保と申します。このイベントは、秋田にまつわる冊子を制作している「あきたの本っこ制作委員会」が企画しています。

高校の同級生だった村木伊織に誘われ、本を作ってみたい!という個人的な願望から冊子を制作したのが始まりでした。SNSを通じて徐々にその輪が広がり、秋田をテーマした冊子の第二号では、同級生の畠山裕加が表紙をデザインしてくれることになりました。また、現在「あきた森の宅配便」店長でもある、同級生の栗山奈津子にも協力してもらうことになりました。第二号が完成した頃、私達は一番身近であるはずの「秋田」にもかかわらず、まだまだ知らないことがたくさんあることを痛切に感じていました。

(冊子)
/data/project/89/冊子.jpg

例えば「大館アメッコ市」にまつわる民話や、お金をかけなくても楽しめる秋田の山菜料理、歴史ある温泉。秋田を楽しめる魅力が、当たり前すぎて知らなかった魅力がねむっていたのです。そのことに気づき、次の世代に繋げていく人がいなければ、秋田の良さは残りません。

秋田に住み秋田が好きという人が、普段の生活や歴史、文化を見直し、語り合う場を作りたい!そんな思いが沸々とわき出てきました。その思いに共感してくれた同級生、新澤舞も加わり、4人でその思いを実現できる方法を考えることになったのです。

冊子制作にあたっては、「秋田の魅力の再発見」は当然のことながら、「本を通して集える場、表現できる場に」と願って活動していました。しかし、「実際に集う場もあっていいんじゃないか」、そして「記事になるような何かがそこで生まれたら面白いんじゃないか」という発想から、イベントを企画するに至りました。
 

リターンについて

【本っこ1,000円コース】
・「あきたの本っこ」1冊をお送りします。
・「あきたの本っこ」へ感謝の意をこめて氏名の掲載をさせていただきます。
/data/project/89/本っこ.jpg


【本っこ3,000円コース】
・「あきたの本っこ」1冊をお送りします。
・「あきたの本っこ」へ感謝の意をこめて氏名の掲載をさせていただきます。
・イベント主催地である大館の老舗「山田佳月堂」の、「羽二重餅」5個セットをお送りします。
/data/project/89/羽二重餅.jpg

【本っこ5,000円コース】
・「あきたの本っこ」1冊をお送りします。
・「あきたの本っこ」へ感謝の意をこめて氏名の掲載をさせていただきます。 
・イベント「かだるフェスin大館」の夜の部の無料ご招待券をお送りします。


【本っこ10,000円コース】
・「あきたの本っこ」1冊をお送りします。
・「あきたの本っこ」へ感謝の意をこめて氏名の掲載をさせていただきます。
・「あきた森の宅急便」夏の天然山菜鍋セット(2人前)(イベントスタッフ栗山が店長を務めます。)
をお送りします。
/data/project/89/夏の天然山菜鍋セット.jpg

※リターンにつきましては、プロジェクト成立後の8月上旬に送付させていただきます。
 

略歴

2014年8月  冊子第一号完成
2015年春   秋田にまつわる冊子 完成
2015年冬   秋田にまつわる冊子第二号完成
        「あきたの本っこ制作委員会」結成、イベント企画へ
 

最後に、このページをご覧くださったみなさまへ

このイベントを企画するに当たり、場所の提供や企画に対するご意見など、本当に多くの方々にお世話になり感謝の意を申し上げたいのと同時に、多くの方々が地元の「元気」を願っていることを改めて実感しました。
もしかすると、もっともっと多くの方々が、地元の「元気」を願いながらもそれを実現する場がなかったり、誰にも言えずに毎日が過ぎていたりするのかもしれません。誰もが気軽に参加し、「秋田の元気」を築いていけるような場作りをしたいと強く願っています。そしてそれを実現したいと動き出しました。どうか私達へのご支援を宜しくお願い致します。

/data/project/89/オーナー.jpg
 

プロジェクトオーナー紹介

あきたの本っこ制作委員会
http://www.kokuchpro.com/event/kadarufes/
2014年8月10日趣味で始めた同人誌第1号販売開始、2014年冬秋田にまつわる同人誌第2号完成、2016年1月から「あきたの本っこ」制作委員会として活動開始

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
218,000円
目標金額
200,000円
109%
サポーター
34人
終了しました

支援いただいた方への特典

【本っこ1,000円コース】

1,000円 の支援で
  • 「あきたの本っこ」1冊
  • 「あきたの本っこ」への氏名掲載
支援口数 | 6口
【本っこ3,000円コース】

3,000円 の支援で
  • 「あきたの本っこ」1冊
  • 「あきたの本っこ」への氏名掲載
  • イベント主催地である大館の老舗「山田佳月堂」の、「羽二重餅」5個セット
支援口数 | 19口
【本っこ5,000円コース】

5,000円 の支援で
  • 「あきたの本っこ」1冊
  • 「あきたの本っこ」への氏名掲載 
  • イベント「かだるフェスin大館」夜の部の無料ご招待券
支援口数 | 5口
【本っこ10,000円コース】

10,000円 の支援で
  • 「あきたの本っこ」1冊
  • 「あきたの本っこ」への氏名掲載
  • 「あきた森の宅急便」夏の天然山菜鍋セット(2人前)
支援口数 | 13口

TOP