「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

10代20代の女性が相談できる「まちなか保健室」を支えるプロジェクト

第1目標を達成しました…ありがとうございます。

第1目標としていた20万円を達成しました。たくさんのご支援、本当にありがとうございます。支援金がたくさん集まるとできることが増えます。「まちなか保健室」の運営が長く続けられるように、支援はまだまだ募集中です。最終日は8月13日。どうぞよろしくお願いします。

10代20代の女性がちょっと立ち寄れる「まちなか保健室」開設しました!

子どもを取り巻く環境は複雑化し、子どもが抱える問題も複雑化しています。食事や学習などをサポートするだけでは、子どもが抱えている問題は解決しません。そこでNPO法人「秋田たすけあいネットあゆむ」は、10代20代の女性が気軽に立ち寄れる場所として、秋田市中通の広小路に「まちなか保健室」を開設しました。
/data/project/842/内部.jpg
お堀が見える広い部屋と、相談ができる小さなお部屋があります。ただ、休憩するために立ち寄っていただいてもOK!

「まちなか保健室」はおしゃべりしながら一緒に考える場所、そして、お茶やお菓子を食べながら特別なことを話さなくてもいられる居場所を目指しています。相談には社会福祉士、心理カウンセラーなど、さまざまな資格を持っている人たちが応じています。ベテランのお母さんもいます。専門の資格を持ったボランティアスタッフも常駐しています。一人で悩んでいないで、ちょっと寄ってみませんか?

開いているのは、水~金の午前11時~午後5時。
学校帰りに寄ってください。困ったことがあったら相談してください。秘密は守ります。
仕事が休みの平日に立ち寄ってください。気持ちがふさいでいたら、おしゃべりをするだけで気持ちが少し軽くなれます。

小さな部屋で専門のカウンセラーが親身に相談にのります。費用はかかりません。秘密は厳守します。


/data/project/842/DSC_9827.jpg

今回のプロジェクトでは「まちなか保健室」の運営費のご支援を皆さまにお願いします。多くの女性の居場所になれるよう継続していきたいと思っています。皆様の応援をよろしくお願い申し上げます。

何でもいい、何度でもいい…気軽に立ち寄って!

秋田県は全国ワースト5に入るほどの貧困率が高い県です。特に一人親世帯の貧困率は高く、年収180万円以下で暮らす一人親世帯は6割を超えています。食料や衣類など、さまざまな支援をしていますが、緊急要請が届くことも少なくありません。

私たちには10代20代の女性からの「メール」が多く届きます。夜中に送られてくるメールに返信しても、相手から返事が返ってくることは少ないです。しかしメールの内容は家族間の悩みなど複雑なものが多く、今すぐ助けが必要な深刻なケースもあります。

コロナ禍で若い女性の自殺率は全国的に増えており、前年比8倍となっています。電話相談ではなく、直接相談できるところがあれば、人と人とが「つながる」ことができるのはないか、一人でも多くの人を救えるのではないかという思いを持っています。


コロナ禍で家計や生活が先の見えない状況で経済が低迷し、雇い止めや収入減少により、厳しい状況が長く続いています。この状況が、若い女性・少女たちに影響を与えていると感じることもあります。お菓子を食べながら、特別なことを話さなくてもいられる居場所を提供したいのです。ぜひ階段を上って、立ち寄ってください。

/data/project/842/入口.jpg

少女のための「オリーブプロジェクト」も立ち上げます…

行き場のない少女や女性の相談業務や望まない妊娠により出産に至る少女のサポート、宿泊、通院、出産後の対応を進めるための「オリーブプロジェクト」も立ち上げます。一緒に悩み、生きるということの意義を考えたいと思っています。

/data/project/842/ドレッサー.jpg

「秋田たすけあいネットあゆむ」の活動

活動は皆様の温かい理解と協力で成り立っています。本当にありがとうございます。

2015年2月に「フードバンクあきた」を立ち上げ食糧支援を行ってきました。
食糧支援を続けていく中でさまざまな問題に直面し、それらを解決したいとの思いから2016年7月に「秋田たすけあいネットあゆむ」を新たに立ち上げました。

ホームページはこちらから→日々の活動をアップしています。ぜひ、見てください。

【活動内容】
・食糧支援 アキタフードバンク事業部
・無償の学習塾、パソコン教室
・制服リユース事業
・一人親世帯サポート事業
・平日の居場所「フリースクールRaum」
・高齢者支援(エイジフレンドリー事業)
・ひきこもりの社会復帰(秋田県職親事業所)
・親子食堂 みんカフェ
・DVシェルター

「制度の狭間」で苦しむ多くの方の役に立ちたいとの思いで、多岐にわたるさまざまな問題に取り組んでいます。

/data/project/842/まちなか保健室チラシ.jpg

秋田ならではのリターン8種類を用意しました。

◆千円コース
ご支援いただいた方へお礼の手紙

◆3千円コーヒーコース
男鹿市の珈音(かのん)のコーヒードリップ5パック

◆3千円北限のお茶コース
能代市檜山「茶誠堂」北限のお茶檜山茶入り羊羹3本セット

◆5千円顔パックコース
男鹿ナビのプロテオグリカンパック 1袋

◆5千円北限の桃コース
鹿角市の「北限の桃」コンポート+桃ごろんごろんジャム各1

◆1万円コーヒーコース
男鹿自家焙煎 カノン ブレンド、ダーク各5パック+珈琲牛乳の素1本

◆1万円リンゴジュースコース
横手市平鹿 齊藤果樹園の100%リンゴジュース1箱20入り

◆1万5千円コース
鹿角「鴇(ときと)」ワイン1本+いぶりガッコチーズ1袋
和食に合うミディアムボディのワインです。
 

「コンビニ支払い」を選択する方は、必ず確認してください!

コンビニ払い「アトディーネ」はジャックスが提供する後払い決済サービスです。アトディーネ」を利用した場合、プロジェクト成立後に郵送されるハガキにて、コンビニなどでの支払をお願いします。

1人の上限は3万円です。携帯電話の支払いなどで利用されていたり、別なネットショッピングなどで使用したりしている場合は、今回のプロジェクトでの支援額が3万円以下でも、合計金額が3万円以上となり、利用できない場合がありますのでご了承ください。

また「アトディーネ」には審査があります。プロジェクト終了後の審査結果によっては、ご利用できない場合があります。その場合は「ファンあきた」事務局が支援者さまに直接連絡し、所定の口座への振り込みをお願いしています。上記を理解のうえ、支払い方法を選択してください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

プロジェクトオーナー紹介

NPO法人秋田たすけあいネットあゆむ
http://blog.goo.ne.jp/akitatasukeai
2015年2月25日から食料支援を活動しています。活動を続けていく中でさまざまな問題に直面し、それらを解決したいとの思いから昨年7月に秋田たすけあいネットあゆむをあらたに立ち上げ活動しています。 食料支援、子育て世帯を支援する学習室、パソコン教室、制服リユース、1人親サポート―これらの事業全てを無償で行っています。特に食べる事に困っている家庭に緊急に食料を届ける支援は必要不可欠な事業だと考えております。

現在の支援状況

カテゴリー|
挑戦する人
地域活性化
現在集まっている金額
245,000円
目標金額
200,000円
122%
サポーター
33人
終了まであと
21日
このプロジェクトは2021年8月13日 (金)までに、
200,000円以上集まった場合に成立となります。

支援いただいた方への特典

千円コース・サンクスレター

1,000円 の支援で
  • みなさまへ感謝を込めた御礼・サンクスレターを送ります
支援口数 | 15口
3千円コーヒーコース

3,000円 の支援で
  • 男鹿市の自家焙煎コーヒー珈音(かのん)のドリップ5パック
支援口数 | 6口
3千円北限のお茶羊かんコース

3,000円 の支援で
  • 能代市檜山「茶誠堂」北限のお茶、檜山茶入りの羊かん3本セット
支援口数 | 4口
5千円北限の桃コース

5,000円 の支援で
  • 鹿角市の「北限の桃」コンポート+桃ごろんごろんジャム各1
支援口数 | 5口
5千円顔パックコース

5,000円 の支援で
  • 男鹿ナビのプロテオグリカンパック1袋
支援口数 | 0口
1万円コーヒーコース

10,000円 の支援で
  • 男鹿市の自家焙煎コーヒー珈音(かのん)
  • ブレンド、ダーク各5パック+珈琲牛乳の素1本
支援口数 | 6口
1万円リンゴジュースコース

10,000円 の支援で
  • 横手市平鹿・齊藤果樹園の100%リンゴジュース1箱20パック入り
支援口数 | 4口
1万5千円秋田県産ワインコース

15,000円 の支援で
  • 鹿角市産「鴇(ときと)」ワイン1本+いぶりガッコチーズ1袋
  • 和食に合うと評判のミディアムボディのワインです。
支援口数 | 5口

TOP