「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

おむすびとプロジェクト~まちとつながる人たちに、僕たちのお米と想いを贈りたい!~

高校生まちづくりサークル「みらクリ」によるお米の贈り物プロジェクト!

こんにちは。秋田県羽後町を中心に活動している高校生まちづくりサークル「みらいクリエイティ部(みらクリ)」の仙道善です!

私たちが関係人口の皆さんと一緒に作った「お米の贈り物」でまちとつながる人たちにお米と想いを贈りたいと思っています!募集金額は71万円で、お米の贈り物の製作費や報告イベントの開催費を集めたいです。

ぜひとも、ご支援、情報拡散のご協力をお願いいたします!

「やりたい」を叶えたい!!

わたしたち、みらクリは羽後町在住または羽後高校生9名のメンバーで、慶應義塾大学羽後高校プロジェクト、NPO法人みらいの学校とその協力者の方々のサポートを受けながら、メンバーそれぞれが大学生・地域の若手の方々との対話を通じ「自分がやりたいこと」を明らかにして、その実現を目的に活動して…いきたい…と思った矢先に、新型コロナウイルスによって活動が大きく制限されてしまいました。/data/project/728/スライド3.JPG▲オンラインでの活動をしていましたが、やっぱり実際に会って活動したい、、、

やっぱり僕たちは「やりたい」を叶えたい。

そんな理想の未来から逆算して、どんなステップがあって、いま何の取り組みが必要なのかを大学生や大人と考え、まずは「誰かのやりたいに乗っかる」ということを初めのステップとして「おむすびとプロジェクト」に参画し、応援してくださる人たちとのつながりや、自分たちのスキルやノウハウ、売上による活動資金の獲得を目指しています。
 

これまでのおむすびとプロジェクト

ここからは少しでも「みらクリ」の雰囲気を感じてもらえるよう、羽後町のスーパースターこと私、仙道善(以下、ゼン)と慶應大生で羽後町滞在中の貴舩楓さん(以下、かえ)、NPOみらいの学校の佐藤マサカズさん(以下、マ)とで対話形式でお伝えします。

マ:ゼン、今年は「みらクリ」はもちろん、部活動や学校行事、町のイベントも中止、延期、規模縮小という流れだけど、リアル高校生の感情はどうすか?

ゼン:実は、3年生の同級生たちはそんなに落ち込んではないです。なんというか、しかたがない感はありますね。ただ、修学旅行が関西じゃなくなったり、初めての学校行事が縮小・中止しているので、後輩たちはすごく萎えてます。

マ:自分は高校時代にそういった制限を受けていないからこそ、今の高校生たちには「しかたがないよね」とか不完全燃焼感で高校生活を終えてほしくなくて。そこで、この「おむすびとプロジェクト」で、みらクリの土台となる資金・人のつながり・経験(スキル)を得て、達成感を感じて欲しいなぁと思ってる。

かえ:私は10月から羽後町に来ていて、2週間の滞在先での自粛期間を終えて活動を始めたばかりで何とも言えないのですが、これから高校生との接点を増やしてケアしていければいいなって思います!

マ:慶應大生のみんなには、年が近いという事と、同じ学生という視点で高校生たちに向き合ってほしい!あとは、これまでオンラインを中心にセミナーやワークショップ、オンラインツアーとかをやってきたけど、活動で一番印象に残ってることってある?

/data/project/728/120706007_3345130645601920_8978171660573477073_o.jpgゼン:今までの活動だと、オンラインツアーでの稲刈りが一番印象に残ってます。米作りってあまり手伝ったことがなかったので、本当に貴重な経験でした。結構大変で、意外と汗かいたし、楽しかったですね。「おむすびとプロジェクト」全体を通じては、県外の人たちなどともオンラインで話すことができて、自分自身コミュニケーション能力がかなり高まったと思います。色々な人と話せたことは本当に大きかった。

かえ:一番楽しかったのは焼きおにぎりがおいしかったことですね(笑)あとは、ビジョンを皆で考えるのがゼロから1をつくっている感覚が共有できて、ワクワクしました。

マ:なかなか高校生も忙しくて、中心に動いてくれたゼンにも就活準備やらテスト前とかにも難儀おかけしました。でも、色んな方々からアドバイスを受けたり、助けていただいてここまで辿り着いたのは、自分にとって財産です!

/data/project/728/IMG_4052.JPG/data/project/728/IMG_4053.JPG▲第2回のセミナーのグラフィックレコーディング。プロダクトに込めた想いを具体化しシナリオライティングのテーマに。

今回のクラウドファンディングについて

マ:では、ゼン。これから挑むクラウドファンディングでのプロジェクトの内容と費用について答えてくれる?

ゼン:はい、お任せを。今回は、今までのオンラインでのセミナー、ワークショップでできた「お米の贈り物」をふるさと納税返礼品やイベントで販売するのと、その勢いをつけるために羽後町・関西圏・首都圏でイベントを開催したいと思っています!費用はコメ代金など、プロダクト製作費40万円と自分たちの旅費などイベント開催費31万円に充てます!

かえ:このプロジェクトは、みらクリ、慶應大羽後高校プロジェクト、NPOみらいの学校や地域の方々はもちろん、関西、首都圏など地域外に住んでいる羽後町の関係人口の方々とも協働していたので、お会いできることが楽しみです!

マ:こちらが完成したプロダクトのデザインですね。報告会イベントについては、この情勢でどうなるか、、、準備はしているものの、まだ判断がつかないです、、、でも、ぜひともやりたいです!

/data/project/728/お米の贈り物.jpg
ゼン:このプロダクトデザイン、ホントガチでしたね。3案あったんですが、選べなかった。羽後町や秋田県って「お米どころ」なので、味はもちろんおいしい。でも個人的には新潟に負けてるイメージがあって、このプロダクトで全国に秋田のコメはスゴいって知ってほしい!

かえ:こっちに来て、本当にお米がおいしいなぁと感じました。鹿児島にある実家にも送ったのですが、家族みんなも喜んでくれました!私も自炊する機会があるのですが、お米を食べる機会ってなかなかなくて、、、本当に特別な時に特別なお米を食べることができたら、すごく元気が湧くんだと思います!

マ:そうだよね。お米って自分ら羽後町の人たち、生産者さんにとっては「当たり前」過ぎて価値が低いように感じてしまっている。でも、それは町外の方にとっては「価値ある特別なモノ」なんだよね。ウチも農家でコメ作りに関わっているからこそ、肉体的、経済的な大変さがよくわかる。わかるからこそ、もっと価値あるモノにしなくちゃいけないよね。

/data/project/728/IMG_1119.jpg▲実際に米作りを行っている農家さんへの取材。改めて米のあり方について考えさせられた。

ゼン:このプロジェクトがもっと盛り上がったら秋田だけでなく全国の高校生の活動のモデルになれるかも!そう思うと、本当にワクワクしますし、できそうな気がしてます!!

かえ:みらクリのみんなが「自分がやりたいこと」を次々に実現していく。そうしたら、羽後町はもちろん、高校生の活動を応援したい人たちにも、「ワクワク感」や「楽しみ」が広がっていく気がします!

マ:最後、おいしいとこオレが持っていくけど、羽後町では毎年8割くらいの高校生が高校卒業後に進学・就職で町を離れます。将来的に帰ってくるのを期待はしているものの、そのためには地域と関わりを持ち続けていただくことが必要という事が町の移住担当をしていてわかりました。その関わり方って何がある?羽後町らしくできることは?と思った時に浮かんだのが

/data/project/728/スライド2.JPG
 このおむすびとプロジェクトです。みらクリの中には、羽後町を離れる子もいる。だからこそ、離れても羽後町と関わることができる。という事を知ってほしかったし、関係人口の方々を見て、自分の将来と重ねて考えてほしかった。

ゼン:なので、この「お米の贈り物」を多くの皆さんに手に取っていただき、羽後町とつながる人たちに、僕たちの想いとお米を届けて、僕たちの「やりたい」を叶える資金にしたいのです!

マ:をいw最後まで語らせてやw

かえ:この資金はみらクリの活動費として大切に使わせていただきます!

応援よろしくお願いします!
 

オモロいリターンを用意しました!

選べる楽しい、リターンを8パターンでご用意しました。お好きなセットをお選びください。(一人で何回でもお申込み大丈夫です!笑)


【御礼の品1】お米の贈り物応援セット(金額3,000円)/data/project/728/スライド5.JPG
僕たち「みらクリ」と町の関係人口の方々と一緒につくった「お米の贈り物」が2つ付きます!みらクリの活動を応援していただける気持ちが少し多めのオススメセットです!

<御礼の品>
●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×2つ



【御礼の品2】誰かにおすそ分けセット(金額3,000円)/data/project/728/スライド6.JPG
ぜひ、ご自身で楽しむだけではなく、お知り合いやお友達におすそ分けいただけるよう、ギフトカードとトートバックがセットになっています、、、!そして、ピクニックの時などに「おむすび」を入れるのにもジャストなサイズ感です!とにかくロゴがかわいい!

<御礼の品>
●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×2つ
●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚



【御礼の品3】土鍋で炊飯する時セット(金額5,000円)/data/project/728/スライド7.JPG
オンラインツアーで土鍋で炊いたご飯を食べたのですが、めちゃくちゃ、うまかったです!炊飯にこだわる方用に熱い土鍋を掴みやすい厚さのマフラータオルと、できたてのお米を冷ますようのミニうちわを付けたセットになります!おこげの少しついたおむすびとか...(ヨダレ)

<御礼の品>
●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×1つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚



【御礼の品4】「おむすびと」認定証セット(金額10,000円)/data/project/728/スライド8.JPG
はいー。いてもたってもいられなくなった、あなたにピッタリな全部かわいいから全部まとめたセットです。おむすびと認定証には3ケタのシリアルナンバーが入ります。これを下げていると、、、羽後町できっといいことがあるかも!あとは、1月9日~11日に関西または都内で行われる予定のイベントへの参加権も付けております。こちらについては別途お申込み者様にご連絡をいたします。

<御礼の品>

●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×3つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚

●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚
●おむすびと認定証×1枚

(こちらは主催者で指定させていただいたシリアルナンバー3ケタが付与されます。もしかしたら今後、抽選など良い事があるかも、、、)
●報告イベント参加権×1人分
(1/9,10大阪・京都、1/10,11都内・横浜で開催される予定の報告イベント等への参加権になります。新型コロナウィルスの状況次第で内容や日時・場所を年内中に判断させていただきますので、別途ご案内をさせてください。)


【御礼の品5】羽後町アテンドされるセット(金額20,000円)/data/project/728/スライド9.JPG
これは、、、?需要があるのか、、、?(笑)羽後町を縦横無尽に駆け回る主催者、佐藤マサカズがご希望に合わせて羽後町をご案内いたします!もちろん、昼夜問わずです!(笑)
羽後町に興味があるけど、なかなか行くきっかけが無かった方、単純に佐藤マサカズにご興味のある方にオススメだそうです。


<御礼の品>
●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×3つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚
●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚
●おむすびと認定証×1枚

(こちらは主催者で指定させていただいたシリアルナンバー3ケタが付与されます。もしかしたら今後、抽選など良い事があるかも、、、)
●報告イベント参加権×1人分

(1/9,10大阪・京都、1/10,11都内・横浜で開催される予定の報告イベント等への参加権になります。新型コロナウィルスの状況次第で内容や日時・場所を年内中に判断させていただきますので、別途ご案内をさせてください。)
●羽後町アテンドされる権×1日分
(お申込み者様に個別にDMをさせてご調整させていただきます。羽後町への往復交通費や羽後町での飲食費や体験料などの費用は含まれておりません。あくまでも主催者の1日分の予定を抑えさせていただく権利となります。)


【御礼の品6】おむすびと主催者召喚セット(金額40,000円)/data/project/728/スライド10.JPG
懲りないですね全く、、、(笑)
「支配なんかしねぇよ!この羽後町で一番自由なヤツが海賊王だ!!」こと、主催者、佐藤マサカズを、ご希望に合わせて、その日、その場所、その役割に応じて召喚できます!もちろん、昼夜問わずです!(笑)
お子さんのオムツ替えから、おばあちゃんとの話し相手。ご講演のご依頼からイベントの司会などなど、、、できそうな事ならとことんお伺いさせていただきます!

<御礼の品>

●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×3つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚
●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚
●おむすびと認定証×1枚

(こちらは主催者で指定させていただいたシリアルナンバー3ケタが付与されます。もしかしたら今後、抽選など良い事があるかも、、、)
●報告イベント参加権×1人分
(1/9,10大阪・京都、1/10,11都内・横浜で開催される予定の報告イベント等への参加権になります。新型コロナウィルスの状況次第で内容や日時・場所を年内中に判断させていただきますので、別途ご案内をさせてください。)
●主催者を召喚できる権×1日分
(お申込み者様に個別にDMをさせてご調整させていただきます。ご希望場所への往復交通費や飲食費、体験料などは含めて想定しておりませんので、ご相談させてください。こちらは、あくまでも主催者の1日半分の予定を抑えさせていただく権利となります。)

※支援額が3万円以上となる場合は、クレジットカードのみの支払いとなります※


【御礼の品7】おむすびと田植えツアーセット(金額50,000円)/data/project/728/スライド11.JPG
こちらは、お米の贈り物に使うお米を田植えするツアーへの参加権になります!だいたい5月下旬から6月初旬までに行われる羽後町での田植えを一緒にやりませんか?汗を流した後の「たばこ(休憩)」は格別なものがあります、、、!もちろん、田植え前後にて町のご案内をさせていただきます!

<御礼の品>

●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×3つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚
●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚
●おむすびと認定証×1枚

(こちらは主催者で指定させていただいたシリアルナンバー3ケタが付与されます。もしかしたら今後、抽選など良い事があるかも、、、)
●報告イベント参加権×1人分
(1/9,10大阪・京都、1/10,11都内・横浜で開催される予定の報告イベント等への参加権になります。新型コロナウィルスの状況次第で内容や日時・場所を年内中に判断させていただきますので、別途ご案内をさせてください。)
●田植えツアー参加権×1人分
(5月下旬から6月初旬までに羽後町内で行われる田植えツアーへの参加権です。日程についてはお申込者様に後日ご連絡いたします。こちらには、羽後町への往復交通費、宿泊費、飲食費等の費用は含まれません。田植え体験料、交流会会場費、長靴や手袋、タオルの無料貸出し、羽後町のご案内料等を含んでおります。)

※支援額が3万円以上となる場合は、クレジットカードのみの支払いとなります※


【御礼の品8】おむすびと稲刈りツアーセット(金額50,000円)/data/project/728/スライド12.JPG
こちらは、お米の贈り物に使うお米を稲刈りするツアーへの参加権になります!だいたい9月下旬から10月初旬までに行われる羽後町での稲刈りを一緒にやりませんか?もしかしたら、、、新米が食べられるかも!?もちろん、町のご案内をさせていただきます!

<御礼の品>

●お米の贈り物(300g=2合無洗米パック入り)×3つ
●マフラータオル×1つ
●ミニうちわ×1枚
●トートバック×1つ
●ギフトカード×1枚
●おむすびと認定証×1枚

(こちらは主催者で指定させていただいたシリアルナンバー3ケタが付与されます。もしかしたら今後、抽選など良い事があるかも、、、)
●報告イベント参加権×1人分
(1/9,10大阪・京都、1/10,11都内・横浜で開催される予定の報告イベント等への参加権になります。新型コロナウィルスの状況次第で内容や日時・場所を年内中に判断させていただきますので、別途ご案内をさせてください。)
●稲刈りツアー参加権×1人分
(9月下旬から10月初旬までに羽後町内で行われる稲刈りツアーへの参加権です。日程についてはお申込者様に後日ご連絡いたします。こちらには、羽後町への往復交通費、宿泊費、飲食費等の費用は含まれません。稲刈り体験料、長靴や手袋、鎌、タオルの無料貸出し、羽後町のご案内料等を含んでおります。)

※支援額が3万円以上となる場合は、クレジットカードのみの支払いとなります※
 

「コンビニ支払い」を選択する方は、必ず確認してください!

コンビニ払い「アトディーネ」はジャックスが提供する後払い決済サービスです。「アトディーネ」を利用した場合、プロジェクト成立後に郵送されるハガキにて、コンビニストアなどで支援額を支払ってください。

ただ、1人の上限が3万円と決まっています。複数にわたった支援をご検討いただき、1人の金額が3万円を超えると、利用できません。携帯電話の支払いなどで利用されていたり、別なネットショッピングなどで使用している場合は、今回のプロジェクトでの支援額が3万円以下でも、1人の合計金額が3万円以上となり、利用できない場合があります。

また「アトディーネ」には与信があります。プロジェクト終了後の審査結果によっては、ご利用できない場合があります。その場合は「ファンあきた」事務局が支援者さまに直接連絡をし所定の口座(ジャパネット銀行)への振り込みをお願いしています。上記を理解のうえ、支払い方法を選択してください。よろしくお願いいたします。



 

プロジェクトオーナー紹介

NPO法人みらいの学校
https://peraichi.com/landing_pages/view/npomiraisch
「みらいクリエイティ部」は、羽後町を中心に活動する高校生まちづくりサークル。羽後高校生、羽後町在住の高校生9人がメンバー。2019年に立ち上げ、まち歩きや自分のやりたいを見つける合宿などを展開。同部の運営をサポートする「NPO法人みらいの学校」は、サッポロビールとのコラボ商品「和musubi」の開発協力や、慶應大との協働による羽後高魅力化プロジェクトの受託、総務省関係人口モデル事業の受託などを行っている。

現在の支援状況

カテゴリー|
フード
挑戦する人
教育・福祉
地域活性化
プロダクト
現在集まっている金額
320,000円
目標金額
710,000円
45%
サポーター
42人
終了まであと
22日
このプロジェクトは2020年12月18日 (金)までに、
710,000円以上集まった場合に成立となります。

支援いただいた方への特典

お米の贈り物応援セット

3,000円 の支援で
  • お米の贈り物×2個
支援口数 | 14口
誰かにおすそ分けセット

3,000円 の支援で
  • お米の贈り物×2
  • 手持ちトートバック×1
支援口数 | 26口
土鍋で炊飯する時セット

5,000円 の支援で
  • お米の贈り物×1
  • ミニうちわ×1
  • マフラータオル×1
支援口数 | 2口
「おむすびと」認定証セット

10,000円 の支援で
  • お米の贈り物×3
  • トートバック×1
  • ギフトカード×1
  • マフラータオル×1
  • ミニうちわ×1
  • 認定証×1
  • 報告会イベント参加権×1
支援口数 | 15口
羽後町アテンドされるセット

20,000円 の支援で
  • お米の贈り物×3
  • トートバック×1
  • ギフトカード×1
  • マフラータオル×1
  • ミニうちわ×1
  • 認定証×1
  • 報告イベント参加権×1
  • 主催者が羽後町をアテンドする権×1
支援口数 | 2口
おむすびと主催者召喚セット

40,000円 の支援で
  • お米の贈り物×3
  • トートバック×1
  • ギフトカード×1
  • マフラータオル×1
  • ミニうちわ×1
  • 認定証×1
  • 報告イベント参加権×1
  • 主催者1回召喚権×1
  • ※こちらはクレジットカードのみの支払いとなります。
支援口数 | 0口
おむすびと田植えツアーセット

50,000円 の支援で
  • お米の贈り物×3
  • トートバック×1
  • ギフトカード×1
  • マフラータオル×1
  • ミニうちわ×1
  • 認定証×1
  • 報告イベント参加権×1
  • 羽後町での田植え参加権×1
  • ※こちらはクレジットカードのみの支払いとなります。
支援口数 | 0口
おむすびと稲刈りツアーセット

50,000円 の支援で
  • お米の贈り物×3
  • トートバック×1
  • ギフトカード×1
  • マフラータオル×1
  • ミニうちわ×1
  • 認定証×1
  • 報告イベント参加権×1
  • 羽後町の稲刈り参加権×1
  • ※こちらはクレジットカードのみの支払いとなります。
支援口数 | 0口

TOP