「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

日米を祖国に持つ双子のジャズ・アーティスト!「浜辺の歌」誕生100年に第2の故郷で記念コンサートを開きたい♪♪

『音楽の都』メンフィスから

みなさん、こんにちは!
日米ハーフの双子ジャズ・アーティスト、カール&アラン・マグワイアです。
現在20歳。東京で生まれ、香港で育ちました。父親はアメリカ人、母親は北秋田市出身の秋田県人です。15歳の時、音楽の都、米国テネシー州メンフィスにやってきました。それ以来、ジャズに夢中です。
/data/project/67/メーン写真の次・プロジェクト概要2枚目の写真.jpg
メンフィスは、エルヴィス・プレスリーなど世界的に有名なミュージシャンをたくさん輩出した街として知られ、現在もハイレベルの音楽を世界に提供しています。ここで学んだ音楽を通してみなさんに感動をお届けしたいと思い、二人で音楽活動に励んでいます。
こちらの動画で私たちからのメッセージをご覧ください。



この動画をご覧頂きまして、どうもありがとうございます。

来る7月3日(日)、私たちは第2の故郷である秋田県北秋田市の北秋田市文化会館を会場として、600人コンサートに挑戦します!
この数年間、私たちが秋田県のたくさんの人たちにサポートされて経験を積み、腕を磨いてきた集大成を、北秋田市文化会館というコンサートホールでみなさんに披露したいと思います。そのコンサートの開催、そして成功のためにご協力をお願いします!

小沼ようすけさんという能代市出身の素晴らしいジャズ・アーティストを共演者に迎えて、私たちが創る、「秋田発の日米ジャズの音色の共演」をお披露目し、お楽しみいただきたいと考えています。
/data/project/67/写真右がジャズ・アーティストの小沼ようすけさん.jpg                             (写真右がジャズ・アーティストの小沼ようすけさん)

会場のみなさんには、ジャズのビートに乗って楽しんでいただくとともに、ジャズの持つしなやかさを体験していただき、心に残るコンサートにできればと思っています。
このコンサートを実行するには、北秋田市文化会館の使用料、機材、楽器のレンタル代、音響、共演者、スタッフの経費など、80万円ほどかかる見込みです。そのうち、50万円をみなさんにご協力いただけると大変ありがたく思います。

《コンサート開催日時・場所》
▽日時   2016年7月3日(日)
▽開演   午後6時30分(午後6時開場)
▽演奏曲目 「浜辺の歌」、「さくら」、アラン自作曲、ジャズ・スタンダード曲など
▽協力    秋田声楽研究会混声合唱団
▽場所   秋田県北秋田市の北秋田市文化会館「ファルコン」
       (北秋田市材木町2-3、☎0186・62・3311)
▽入場料  大人2,000円、高校生以下1,000円
 

『浜辺の歌』誕生100年に思いを込めて

このコンサートでは、私たちの自作曲やジャズの名曲に加えて、私たちがCDに収録し、それ以来ずっと演奏し続けている北秋田市米内沢出身の作曲家、成田為三作の名曲「浜辺の歌」を演奏します。この「浜辺の歌」は今年でちょうど誕生100年を迎えますので、会場のみなさんと一緒に祝いたいと思います。
私たちの恩師ドナルド・ブラウンが編曲した、私たち独自のジャズ・バージョンによる「浜辺の歌」を演奏するほか、会場のみなさんと触れ合う時間を設けて、私たちの伴奏に乗ってみなさんと一緒に歌う「浜辺の歌」コーラスも企画しています。

このコーラスでは、北秋田市や大館市を拠点に音楽活動している秋田声楽研究会混声合唱団が、特別に会場のみなさんと一緒に歌ってくれることになりました。ぜひ、あなたの歌声も私たちの演奏と一緒に響かせてください!
みんなで「浜辺の歌」誕生100年を祝い、秋田の人が作った素晴らしい曲を世界にアピールしたいと思います。
/data/project/67/恩師のドナルド・ブラウンを囲んで.jpg                        (恩師のドナルド・ブラウンを囲んで)

私たちは、幼いころからずっと母の故郷、北秋田市を訪れてきました。小中学生の9年間は毎年夏、北秋田市の合川東小学校と合川中学校に体験入学し、日本の文化と習慣に親しんできました。秋田は本籍があるだけでなく、私たちの本当の第2の故郷なのです。北秋田市は成田為三のふるさとであり、「浜辺の歌音楽館」があるという深いゆかりを持っています。

次の画像は、2014年のツアーの様子を私たちが演奏する「浜辺の歌」の調べに乗せて作ったスライドショーです。



秋田県内のさまざまな場所で演奏し、多くの人たちと交流してきた様子をご覧いただけたと思います。
 

実行委員会と一緒につくる秋田ライブツアー

アメリカでは、メンフィスにある世界的に有名なスタックス・ミュージック・アカデミーを経て、テネシー州立大音楽学部ジャズ科で腕を磨いてきました。この数年間の夏は、秋田の人たちに応援してもらって県内各地で演奏を披露してきました。
去年は、私たちに「光るもの」を感じてくれた人が25人も集まって「ABCD実行委員会」を結成してくれました。ボランティアで秋田県内のさまざまな場所で演奏するツアーを企画し、実行してくれたのです。
ABCDは、Alan Bass Carl Drums(アラン・ベース・カール・ドラム)という私たちの名前と演奏する楽器の頭文字から取ったものです。英語のアルファベットの最初の4文字ABCDは、始まりを意味しています。私たちの祖国、日米はもちろん、世界の人たちに向けて活動を発信していくことを、秋田から始めて広げていけるようにと、願いを込めて名付けられました。
/data/project/67/森吉の四季美湖畔の演奏.jpg                         (北秋田市の四季美湖の湖畔で演奏)

秋田の実行委員さんたちの発想は楽しく、ユニークだったので、いろいろな場所で、いろいろな形のジャズを演奏することができました。
/data/project/67/奥羽山荘の演奏.jpg           (秋田県大仙市の奥羽山脈のふもとにある「奥羽山荘」での演奏会)

 

『サウンド・オブ・ミュージック』私たちの音楽の音色

2014年、私たちはデビューCD「サウンド・オブ・ミュージック」を制作しました。それも実は、秋田の人たちが応援し、背中を押してくれたから実現したのです。

映画の名曲を、私たちのプロデューサーで恩師のブラウン先生が編曲し、収録しましたが、自分たちの「サウンド・オブ・ミュージック(音楽の音色)」を世界へ届けるようにと、願いを込めて命名してくれたCDです。
/data/project/67/カール&アランCDジャケット.jpg
 

『秋田からの世界へ!』

17歳の冬、私たちは北秋田市の祖母に会いに行った時、音大受験オーディションの練習のため、つてを頼って楽器を借りました。すると、地元の人たちが「せっかく来るのだから」と、演奏披露ができるように企画してくださり、飛行場、病院、公民館などで演奏をしました。そこには、びっくりするほど多くの人が来て、秋田県内の新聞各紙に取り上げられました。

その時、「CDはないの?」と何人からも聞かれました。それをきっかけに、自分たちのCDレコーディングを考えるようになりました。アメリカに戻り、個人教授だったドナルド・ブラウン先生に相談したところ、プロデュースを快諾してくれました。ブラウン先生はグラミー賞に6回もノミネートされているので、本当にうれしかったです。また、私たちが通ったスタックスの専属アーティストだったグラミー賞受賞者で、歌手のホイットニー・ヒューストンさんの「ボディーガード」などを演奏して有名なカーク・ウェーラムさんもゲストで演奏してくれることになりました。

そして2014年5月、メンフィスの老舗スタジオ「アーデント・スタジオ」でレコーディングをしました。その時もずっと、秋田の人たちが遠くから声援を送ってくれたのです。
/data/project/67/メンフィスで音楽活動.jpg  (メンフィスで音楽活動するカール&アラン•マグワイア•クウィンテット=写真撮影:ロニー•ブーズ)

おかげで、「浜辺の歌」を収録したジャズCDが完成。そのCDを持って一昨年と昨年、秋田ツアーを行い、成功させることができました。昨年は、3週間半で17回ものライブを行い、たくさんの方々に私たちの音楽を届けることができました。「浜辺の歌」を作曲した成田為三が育った街、秋田県能代市二ツ井でもコンサートが実現しました。
/data/project/67/北欧の杜の演奏.jpg              (北秋田市の北欧の杜パークセンターで、コンサートの様子)

昨年の私たちのツアーにみんなが付けてくれたキャッチフレーズは「秋田から世界へ!」。私たちはその言葉に負けないように、アメリカでも日々頑張り、練習を続けています。昨年はテネシー州で行われたノックスビル・ジャズ・フェスティバルに最年少アーティストとして出演。冬には、シアトルの老舗ジャズ倶楽部でも、メーン・アーティストとして演奏しました。また、私たちの二つの祖国、日本とアメリカの懸け橋として、地元テネシー州やケンタッキー州の日米協会のイベントで日本の曲をジャズにアレンジして演奏しています。
 
こちらは、アランがアレンジした「さくら」のビデオです。シアトルで演奏しました。


 

未来へ向けて羽ばたくために

秋田の人たちに応援されたおかげで、私たちは世界へ活動の幅を広げ、今年は東京や香港、そして東北の他県でも演奏を企画しています。その中で、今回の一番のメーンは北秋田市でのコンサートです。私たちは、秋田のABCD実行委員会やたくさんの人たちが一緒に歩んできてくれたおかげで、音楽を演奏して伝えることの意義や経験を学んでいます。
このコンサートを開くことによって、北秋田市や秋田県の温かい心のおかげで生まれた熱い音楽を、北秋田市文化会館で600人のみなさんに披露し、さらに世界へと届けていきたいと思います。
ぜひ、コンサートにお越しになって、私たちの熱い思いを受け取ってください。
そして、コンサートを成功させて、私たちがさらに羽ばたけるように、お力をお貸しください!
どうぞご協力よろしくお願いいたします。

 

プロジェクトオーナーの略歴

1996年3月東京生まれ、香港育ちの一卵性の双子の兄弟。父親がアメリカ人、母親は北秋田市出身。米テネシー州メンフィスにある世界的に有名なスタックス・ミュージック・アカデミーを経て、米テネシー州立大学音楽学部ジャズ科に学ぶ。テネシー州在住。
/data/project/67/owner.jpg(プロジェクトオーナープロフィル).jpeg

http://www.carlalanmaguire.com

https://www.youtube.com/channel/UCoBo2deuUEqKXTgp0zFQbEA

 

プロジェクトオーナー紹介

カール&アラン・マグワイア
1996年3月東京生まれ、香港育ちの一卵性の双子の兄弟。父親がアメリカ人、母親は北秋田市出身。米テネシー州メンフィスにある世界的に有名なスタックス・ミュージック・アカデミーを経て、米テネシー州立大学音楽学部ジャズ科に学ぶ。メンフィス在住。

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
504,000円
目標金額
500,000円
100%
サポーター
48人
終了しました

支援いただいた方への特典

日米3,000円コース

3,000円 の支援で
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 33口
日米10,000円コース

10,000円 の支援で
  • コンサートチケット1枚
  • 直筆サイン入りCD
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 14口
日米15,000円コース

15,000円 の支援で
  • コンサートペアチケット
  • 直筆サイン入りCD
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 7口
日米30,000円コース

30,000円 の支援で
  • カール&アラン自作デザインオリジナルTシャツ1枚(4色、サイズS・M・L・XL)
  • 直筆サイン入りCD
  • コンサートペアチケット(VIP席)
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 2口
日米50,000円コース

50,000円 の支援で
  • あなたのリクエスト曲をカール&アランが演奏する動画1曲
  • コンサートペアチケット(VIP席)
  • カール&アラン自作デザインオリジナルTシャツ1枚(4色、サイズS・M・L・XL)
  • 直筆サイン入りCD
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 2口
日米100,000円コース

100,000円 の支援で
  • あなたのリクエスト曲をカール&アランが演奏する動画3曲
  • コンサートペアチケット(VIP席)
  • カール&アラン自作デザインオリジナルTシャツ1枚(4色、サイズS・M・L・XL)
  • 直筆サイン入りCD
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 0口
日米200,000円コース

200,000円 の支援で
  • カール&アランのプロデューサーで有名なジャズピアニスト、ドナルド・ブラウンがあなたのリクエスト曲1曲を編曲し、カール&アランが演奏して動画にする
  • コンサートペアチケット(VIP席)
  • カール&アラン自作デザインオリジナルTシャツ1枚(4色、サイズS・M・L・XL)
  • ドナルド・ブラウンとカール&アランの直筆サイン入りCD
  • カール&アランサイン入り生写真
  • 直筆サンキューレター
  • カール&アランからのEメール・ニュースレター
支援口数 | 0口

TOP