「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

クロスカントリースキーの素晴らしさを雪国の子供たちに知ってもらいたい。世界へ羽ばたくスーパーアスリート輩出のためにー 。

『子供たちにクロスカントリースキーの魅力を伝えたい』
そんな思いを共有する市民有志で結成した「北秋田スプリントカップ実行委員会」が主催するプロジェクトです。
 有志によりイベント費用を賄うこととしておりますが、私たちの取り組みに是非ともご賛同いただくとともに、今年も『北秋田スプリントカップジュニア大会』の開催を成功させ、また未来のオリンピアン輩出のため、当該費用に対し一部ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

クロスカントリースキーとは

/data/project/464/プロジェクトページ用1.jpgクロスカントリースキーは、雪上に設営されたコースでスキーとポールを使い、多様な地形での総合的走力を競う競技スキーです。急な斜面を腕力や脚力、グリップワックスを利用し急な下りをアルペン選手のように滑り、平地は上半身全体の駆動を推進力に変えて進み、あらゆる高い身体能力が必要となる冬のスキー競技です。
アルペン、スノーボード、ジャンプ競技に比べて日本でのテレビ放映が少なく、一般の方の目に触れる機会は少ないため、マイナーなスポーツであると思われるかもしれませんが、全スキー競技の原点といわれている競技です。

私たちが活動する北秋田市をはじめとする県北地域は、古くからスキー競技が盛んで、冬季オリンピック選手も数多く輩出している地域です。ノルディックスキーコンバインド(複合)の高橋大斗選手(北秋田市出身)、畠山陽輔選手(大館市出身)、小林範仁選手(北秋田市出身)、湊祐介選手(北秋田市出身)の冬季オリンピックでの活躍は、皆さんの記憶にも残っていることと思います。

私たち実行委員会は、クロスカントリースキーの発展およびスキー人口減少に歯止めをかけたいという思いのもと、地域の子供たちの競技力・技術の向上を目指し、スキー指導にあたっています。
/data/project/464/プロジェクトページ用2.jpgこの活動を通じて、「いつかはこの地域からクロスカントリースキー部門のオリンピック選手を輩出したい!」というのが私たちの願いです。
 

北秋田スプリントカップ実行委員会の活動

実行委員会は、競技経験者を中心に組織し、仕事の合間をぬって子供たちの指導を行っています。活動はあくまでもボランティアです。

子供たちの競技力向上をはかるため、冬期間の雪上トレーニングはもちろんのこと、コースマネジメントの指導、スキーワックスマンとして各種大会にも同行します。

クロスカントリースキーは、体力面、精神面のいずれも強さが要求される競技であり、特に雪のない時期のトレーニングが大事です。ランニング、登山、ローラースキー、筋力トレーニングなど、辛いイメージのあるトレーニングを効果的にこなしていく必要があります。
/data/project/464/プロジェクトページ用3.jpgそこで私たちは、子供たちが少しでも楽しく、かつ強くなりたいという憧れを持ちながらトレーニングに励んでくれるよう、現役時代の人とのつながりのなかで、オリンピック選手を招いたスキークリニックなどを定期的に実施してきました。/data/project/464/プロジェクトページ用4.jpg

スプリントカップ概要

子供たちは夏場の厳しいトレーニングを経て、いよいよシーズン本番を迎えています。

クロスカントリースキーは、冬のマラソン競技と言われるほど過酷な競技です。長距離滑走が基本的なスタイルですが、昨今ではスピードレース化し、スプリント競技と言われる短距離種目がオリンピック正式種目となるなど、まさにスピードとパワーが求められる時代に突入してきました。
しかし国内の子供たち向けの大会では、スプリント競技が行われることは稀です。
そこで、ジュニア時期からスピードレースに柔軟に対応するため、6年前から北秋田市を会場にスプリントを競う「北秋田スプリントカップジュニア大会」を開催しています。各組一斉スタートとし上位者が勝ち進み決勝戦でスプリント競技№1を決めめる大会です。子供たちの真剣勝負はものすごく盛り上げります。どうぞ会場に足を運んで見に来てください。今回の大会概要は次のとおりです。/data/project/464/プロジェクトページ用.jpg
■開催日 
 平成31年2月11日(月)9:00~
■場 所 
 北秋田市営薬師山スキー場(ゲレンデ特設コース)
■種 目 
 ① 中学生 男子 800m
 ② 中学生 女子 800m
 ③ 小学生5,6年 男子 800m
 ④ 小学生3,4年 男子 500m
 ⑤ 小学生1,2年 男子 300m
 ⑥ 小学生5,6年 女子 800m
 ⑦ 小学生3,4年 女子 500m
 ⑧ 小学生1,2年 女子 300m
■主 催 
 北秋田スプリントカップ実行委員会
■協 賛 
 ㈲タナカスポーツ、JA共済、JA鷹巣町、鷹農レーシングスキークラブ、ガリウム、
  スウィックススポーツジャパン、オガサカスキー
■後 援 
 北秋田地域振興局、北秋田市、北秋田市教育委員会、北秋田市スキー連盟、
 阿仁スキークラブ、(財)北秋田市体育協会、今泉自治会
/data/project/464/プロジェクトページ用6.jpg地域の子供たちの競技力・技術の向上を目指す私たちの日ごろの活動をご理解いただくとともに、このスプリントカップを以後も継続していけるよう、大会運営資金の一部をご支援いただきたいと思っています。

皆さまの温かいご支援を心よりお待ちしております。

■facebook:https://ja-jp.facebook.com/sprintcup.since2012/
 

リターンについて

ご支援いただいた皆さまには、大会の魅力を味わっていただけるよう以下のリターンをご用意しております。

【Sprint3,000円コース】
・大会ロゴマークステッカー 1枚
・大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載

【Sprint5,000円コース】
・大会ロゴマークステッカー 1枚
・大会オリジナルトートバック1枚
・大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載

【Sprint7,000円aコース】
・大会ロゴマークステッカー 1枚
・大会オリジナルTシャツ 1枚
・大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載

【Sprint7,000円bコース】
・大会ロゴマークステッカー 1枚
・大会オリジナルキャップ(刺繍) 1個
・大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載

【Sprint10,000円コース】
・大会ロゴマークステッカー 1枚
・大会オリジナルTシャツ 1枚
・大会オリジナルキャップ (刺繍)1個
・大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載

※リターンは、2月下旬以降、順次発送させていただきます。
※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります
※【Sprint7,000円aコース】および【Sprint10,000円コース】の大会オリジナルTシャツは、プリントバージョンとなります。クラウドファンディング成立後、サイズについて電話またはメールにて確認させていただきます。/data/project/464/プロジェクトパージ用7.JPG
 

プロジェクトオーナー紹介

北秋田スプリントカップ実行委員会
北秋田スプリントカップ実行委員会はクロスカントリースキーの発展およびスキー人口減少に歯止めをかけたいという思いのもと、スキー指導を通じて地域の子供たちの競技力・技術の向上を目指すボランティア集団です。当委員会は競技経験者を中心に活動しています。(facebook:https://ja-jp.facebook.com/sprintcup.since2012/)

現在の支援状況

カテゴリー|
スポーツ
教育・福祉
地域活性化
イベント
現在集まっている金額
193,000円
目標金額
150,000円
128%
サポーター
30人
終了しました
このプロジェクトは2019年2月8日 (金)までに、
150,000円以上集まった場合に成立となります。

支援いただいた方への特典

Sprint3,000円コース

3,000円 の支援で
  • 大会ロゴマークステッカー 1枚
  • 大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載(※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります)
支援口数 | 2口
Sprint5,000円コース

5,000円 の支援で
  • 大会ロゴマークステッカー 1枚
  • 大会オリジナルトートバック 1枚
  • 大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載(※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります)
支援口数 | 15口
Sprint7,000円aコース

7,000円 の支援で
  • 大会ロゴマークステッカー 1枚
  • 大会オリジナルTシャツ 1枚
  • 大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載(※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります)
支援口数 | 5口
Sprint7,000円bコース

7,000円 の支援で
  • 大会ロゴマークステッカー 1枚
  • 大会オリジナルキャップ(刺繍) 1個
  • 大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載(※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります)
支援口数 | 1口
Sprint10,000円コース

10,000円 の支援で
  • 大会ロゴマークステッカー 1枚
  • 大会オリジナルTシャツ 1枚
  • 大会オリジナルキャップ(刺繍) 1個
  • 大会プログラム広告欄へのご芳名の掲載(※広告欄への掲載は1月31日までの出資者の方に限ります)
支援口数 | 7口

TOP