「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

秋田の子どもたちが「のびのびと楽しく」ビーチバレーボールに取り組み、新しい可能性を見出せる環境を提供したい。

ビーチバレーボール選手を秋田から

 はじめまして、秋田スポーツアカデミーの佐藤茂樹と申します。秋田県内の幼児から大学生・社会人スポーツ選手を育成するクラブチーム団体を事務面でサポートしております。今年度までの11年間、息子・娘のバレーボール活動を保護者として、スポーツ少年団、中学・高校の部活動にかかわり選手の環境づくりをサポートしてきました。現在は県内のクラブチームをサポートすることに取り組んでおります。
 このたびのプロジェクトは、アカデミー所属のクラブチーム、秋田ビーチバレーボールクラブの全国大会出場の支援をお願いするものです。国体種目となっているビーチバレーボール選手育成を目指したクラブチーム活動(大会出場)への一部資金のご支援を皆様にお願いして、秋田県代表として大会に出場させたいとの思いで取り組むプロジェクトです。昨年度まで東北の各県は、代表選手を出場させておりますが本県からは参加できていない状況です。この競技は、バレーボールからプロのビーチバレーボール選手に転向している方も多くいらっしゃいます。本県からのビーチバレーボール大会全国出場と選手育成を皆様に後押ししていただき、秋田をスポーツで盛りあげる活動へご支援・ご協力していただくようお願いするものです。
 まずは、今年8月12日に行われる全国中学生ビーチバレー大会の出場を目指して活動をしておりますが、クラブチームの運営にあたり、資金確保が大変厳しい現状にあります。チームメンバー10名程度の練習場所代のほか、練習試合・大会参加遠征費の一部300,000円を目標金額として、皆さまからのご支援を募りたいと思います。
 ぜひ秋田の子どもたちが「のびのびと楽しく」ビーチバレーボールに取り組み、スポーツ選手として成長することを応援していただける方々にご支援いただきたく、心からお願い申しあげます。
/data/project/391/画像2.jpg 写真は、福岡県在住のビーチバレーボール選手として初めてオリンピックに出場した高尾和行さんです。(右)ビーチバレーのレジェンドと呼ばれていて、今年結成されたプレミアリーグを目指す6人制女子チーム「福岡春日シーキャッツ」の監督です。
 高尾さんより、画像使用を快く承知してくださいました。

子どもたちの可能性を広げたい

 インドアバレーボールというひとつの選択にとらわれず、「自由な形で力を発揮できる場所が秋田にあってもよいのではないか」、という考えから、クラブチームを立ち上げました。
 ビーチバレーボールのクラブチーム活動をきっかけに、クラブチームメンバーが楽しみながらここで培う運動能力を活かし、子どもたちの新しい可能性を見出せる環境を提供していきます。

/data/project/391/①.jpg【幼児クラスの体操練習の様子】

/data/project/391/⑥.jpg【幼児クラスでは、ボール遊びや体操など楽しい運動を行っています】

クラブチームの指導者について

 本クラブチームの指導は、小松香奈子氏がいたします。小松氏は、角館南高校バレーボール部、東京女子体育大学バレーボール部(主将)出身で、日本体育協会公認バレーボール指導員およびスポ少認定指導員の資格を有し、私塾で幼児・小・中学生向けのバレーボール指導を行っています。秋田県内で、バレーボールスポーツ少年団チームを14年間の指導経験があり、全国大会出場へ導いた指導実績もあります。/data/project/391/⑤.jpg【小松氏 指導の様子】

全国中学生ビーチバレーボール大会の出場に向けて

 本クラブチームでは、ビーチバレーボール選手を育成し、国体出場選手を選出できるよう小・中・高校生の育成に力を注いでいきたいと考えており、今年度は、私塾のメンバーからクラブチーム選手を選抜して、今年8月12日に行われる全国中学生ビーチバレー大会の出場を目指し活動しております。
 チームとして、全力プレーはもちろんですが、スポーツマンシップを意識して大会に臨めるようメンタル面も含め指導してまいります。また、試合に勝つことだけではなく、競技に真摯に向かう姿勢やチームメイトと強調することの大切さを全国のチームとの交流を通じて「考える力や人間力」が身につくよう経験させ、子どもたちを成長させたいと考えております。/data/project/391/③.jpg【練習風景】

クラブチーム運営費について

 今年8月12日の全国中学生ビーチバレー大会の出場に向けて必要な費用は、大会参加費10,000円(1チーム5,000円)、大会遠征旅費600,000円(交通費宿泊費2泊3日、10名分、1人@60,000)、ユニホーム代80,000円等を想定しております。
 運営費の大半は自己負担で賄っているため、運営費の一部300,000円をFANAKITAで資金を募り、クラブチームの運営費に充てたいと考えています。/data/project/391/運営費.jpg【全日本バレーボール小学生大会】

御礼

 ご支援いただいた方々には、クラブチームからの御礼として、オリジナル缶バッチやオリジナルトートバックオリジナルTシャツをお送りしたいと思います。

■3,000円コース
・チームメンバーからのお礼状
 
■5,000円コース
・チームメンバーからのお礼状
・オリジナル缶バッチ
(缶バッチの色は選択できませんので、ご了承ください。)
/data/project/391/リターン5,000円.jpg
■10,000円コース
・チームメンバーからのお礼状
・オリジナル缶バッチ
・オリジナルトートバック
(缶バッチ、トートバックの色は選択できませんので、ご了承ください。)
 /data/project/391/リターン10,000円.jpg
■20,000円コース
・チームメンバーからのお礼状
・オリジナル缶バッチ
・オリジナルトートバック
・チームTシャツ
(缶バッチ、トートバックの色は選択できませんので、ご了承ください。)
/data/project/391/リターン20,000円.jpg

秋田の競技スポーツ向上の底支えに

 このプロジェクトを通じて、スポーツには様々な選択肢があることを知るきっかけになることを願っています。全国大会に出場できる競技が探せばあることに気づき、出場することを実践していきます。
 
 秋田スポーツアカデミーでは、全国大会を経験できるスポーツ種目は限られていることから、一人でも多くの秋田の子どもたちに全国大会を経験させる機会をつくり、これを達成し、スポーツを通じて健全な子どもたちの育成に努めたいと考えます。
 
 また、今回はビーチバレーボールチームのプロジェクトですが、今後、様々なスポーツクラブチームの結成により、秋田に根差したスポーツ指導者の定着と若手スポーツ指導者が活躍できる場をつくりあげることで、秋田の競技スポーツ向上の底支えに微力ながら取り組んでまいります。/data/project/391/④.jpg【熱心に指導する小松氏】
 

プロジェクトオーナー紹介

秋田スポーツアカデミー
秋田スポーツアカデミーは、クラブチームを立ち上げ、秋田県内でビーチバレーボール選手を育成していきたいと考えています。ビーチバレーボールは国体種目にもなっていますが、秋田ではマイナーなスポーツとして認識されています。小・中学生および高校生・社会人が参加できるチームで、国体出場を目指します。運動能力の可能性を広げられるクラブチームとして活動し、秋田県内のスポーツ業界を盛り上げていきたいと思います。

現在の支援状況

カテゴリー|
地場産
現在集まっている金額
372,000円
目標金額
300,000円
124%
サポーター
44人
終了しました
このプロジェクトは2018年7月31日 (火)までに、
300,000円以上集まった場合に成立となります。

支援いただいた方への特典

【秋田スポーツアカデミー】3,000円コース

3,000円 の支援で
  • チームメンバーからのお礼状
支援口数 | 19口
【秋田スポーツアカデミー】5,000円コース

5,000円 の支援で
  • チームメンバーからのお礼状
  • オリジナル缶バッチ
支援口数 | 13口
【秋田スポーツアカデミー】10,000円コース

10,000円 の支援で
  • チームメンバーからのお礼状
  • オリジナル缶バッチ
  • オリジナルトートバック
支援口数 | 9口
【秋田スポーツアカデミー】20,000円コース

20,000円 の支援で
  • チームメンバーからのお礼状
  • オリジナル缶バッチ
  • オリジナルトートバック
  • チームTシャツ
支援口数 | 8口

TOP