「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

土方巽「病める舞姫」写真化プロジェクト

舞踏の原点「病める舞姫」の里、秋田市を世界に発信したい!~「舞踏は本当の生活を探す一方法である」ー土方巽



 

土方巽生誕90年を記念して

秋田が生んだ舞踏の創始者・土方巽の顕彰活動と舞踏の発展に取り組む「NPO土方巽記念秋田舞踏会」の代表・米山伸子と申します。近年は秋田県内で舞踏イベントが頻繁に開かれるようになり、海外でも「BUTOH」として広く知られ、土方再評価の機運が高まる中、今年は生誕90年という節目を迎えました。

私たちは舞踏家・土方の表現の源泉ともいえる故郷・秋田市を舞台にした写真集の刊行を計画しています。その制作・印刷にかかる費用の一部をFAN AKITAを通じて多くの方々からご協力いただきたいと考え、「土方巽『病める舞姫』写真化プロジェクト」を立ち上げました。

土方巽とは

1928年秋田市生まれ、秋田工高卒。日本独自の身体表現である舞踏の創始者として世界的に知られる。

1946年、秋田市駅前にあった増村克子(江口隆哉門下)モダンダンス研究所で学び、1947年初めて上京。1959年に三島由紀夫の小説をベースにした「禁色」を発表し、舞踏家として新たな身体表現を切り開く。代表作は「肉体の叛乱」「四季のための二十七晩」「静かな家」「ばら色ダンス」など。

「病める舞姫」「美貌の青空」「犬の静脈に嫉妬することから」など関係する著書も多い。後進の育成にも力を入れ、麿赤兒、田中泯、和栗由紀夫、玉野黄市、芦川洋子、小林嵯峨、山本萌ら数々の舞踏家が土方のもとを巣立っていった。1986年、57歳で死去。
/data/project/386/土方巽2.jpg土方巽
 

謎の著書「病める舞姫」を写真化

写真集のテーマは土方が1982~83年にかけて書いたエッセー「病める舞姫」の世界観を直弟子の舞踏家たちが再現することです。「病める舞姫」は土方が自らの少年時代の体験と秋田市の情景を独特の言葉と文脈で紡ぎ、新しい舞踏譜の創作を試みた作品です。

土方の芸術観、思想、死生観など創作のためのヒントがたくさん詰まった、土方研究には欠かすことのできない重要な著作です。その一方、二重三重の含みを持つ独特の言い回しと秋田の人でなければ解らない生活感覚が複雑に絡み合っており、一読しただけでは迷路に迷い込んでしまったような感覚に陥る難解な本としても有名です。

私たちはこの作品の解読を続ける中で、土方がその舞踏人生の中でワラシ(子供)だった米山九日生(よねやま・くにお=土方の本名)に立ち戻り、新しく羽化しなければならぬと悟ったときの記憶が記されていると確信するようになりました。
 
世界的に評価される舞踏という身体表現の源風景である「病める舞姫」。土方は農村と都会の文化が混在している生まれ故郷の秋田市からどんな影響を受けて、世界を震撼させるような革新的な芸術を生んだのか。プロジェクトに参加した写真家、舞踏家たちと一緒にその秘密に迫りたいと思っています。
/data/project/386/3土方巽.jpg
小林嵯峨(左)と榎木ふく(旧渡邊幸四郎商店、谷口雅彦撮影) 

    
/data/project/386/土方巽4.jpg
雪雄子(秋田市下北手、谷口雅彦撮影
 

秋田に集まった舞踏家と写真家

写真集の刊行を目指して、昨年の2017年6月から10月にかけて5回にわたり撮影会を行いました。モデルとなってくださった主な舞踏家は大野慶人、和栗由起夫、小林嵯峨、山本萌、白榊ケイ、雪雄子の各氏。いずれも土方の影響を強く受けた舞踏第一世代を代表する世界的な踊り手です。
 
撮影は舞踏家の撮影経験が豊富な写真家でドキュメンタリー映像作家の谷口雅彦さんにお願いしました。主な撮影場所は旧金子家、赤レンガ郷土館、旧松倉家、秋田工業高校、アトリエももさだ、秋田港など。市民には見慣れた風景に異物として紛れ込んだ舞踏家たちは、何気ない日常にこそ本当の舞踏があること、土方巽の舞踏が確かに継承されていることを証明してくれました。

日々の暮らしを脅かすように非日常が投入されて見えてきた「病める舞姫」の世界。豊かで多様な秋田市の風景と日々の暮らしを再確認するとともに、懐かしくも芸術的な数々の写真を撮影することができました。
/data/project/386/土方巽5.jpg  大野慶人(アトリエももさだ、谷口雅彦撮影

/data/project/386/病める舞姫6.jpg 山本萌(左)と白榊ケイ(ポートタワーセリオン、谷口雅彦撮影
 

急逝された和栗由起夫さんの姿

和栗由起夫さんは、秋田市で行われた撮影から4カ月後の昨年10月、すい臓がんにより65歳で亡くなりました。死期を間近にした鬼気迫るその姿を谷口さんのカメラが余すことなくとらえています。さまざまな機会に当NPOへ協力してくださった和栗さんの冥福を心からお祈りするとともに、写真集をその魂にささげたいと思います。
/data/project/386/土方巽7.jpg
和栗由起夫(旧松倉家、谷口雅彦撮影
 

写真集は9月完成予定

写真集はA4版160ページ(うち写真140ページ)で「病める舞姫」抽出文付き。秋田市出身の東京で活躍するアートディレクター宮古美智代さんに編集をお願いしています。
 
写真集とともに、秋田在住の有志が4年の歳月をかけて「病める舞姫」を解読した成果をまとめた「読み解き・病める舞姫」も刊行します。「舞踏は本当の生活を探す一方法である」という土方の言葉に導かれながら、昭和初期の秋田市の様子を九日生少年になった気持ちでイメージしたことをつづりました。土方と舞踏の研究への参考にしていただければ幸いです。
 

ご支援へのお返し

写真集の市販価格は5,184円(税込み)です。FAN AKITAでは5,000円以上の支援のお返しに写真集が含まれています。また解読本「読み解き・病める舞姫」(定価2,160円・税込み)を含むお返しも用意しています。ご購入を検討される方は、ぜひFAN AKITAをご利用ください。
 

最後に

「病める舞姫完全写真化計画」は昨年1月、写真家、谷口雅彦さんにお会いしたことから、一気に具体化しました。この度の写真集、解読本の出版が土方巽、舞踏、病める舞姫の研究と秋田市の芸術文化、観光の推進の一助になることを願っております。
 
故和栗由紀夫さんはじめ舞踏家の皆様のご協力はもとより、私どもの趣旨をご理解下り、応援して下さいました行政、秋田市民、県民の皆様に心より感謝申し上げます。
 
 

プロジェクトオーナー紹介

NPO土方巽記念秋田舞踏会
https://www.facebook.com/hijikata.tatumi.akita/
2013年3月結成。会員35名。舞踏の創始者・土方巽を秋田の郷土史と風土において再評価し、土方研究の上で空白となっている秋田市在住時代を明らかにするために「病める舞姫」の解読を進めるとともに、資料の発掘・収集を進めています。

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
603,000円
目標金額
1,000,000円
60%
サポーター
43人
終了まであと
41日

支援いただいた方への特典

舞踏3,000円コース

3,000円 の支援で
  • 「読み解き 病める舞姫」1冊(朗読DVD付き)
  • 展示会,公演にご招待
  • ポストカード6枚組
支援口数 | 6口
舞踏5,000円コース

5,000円 の支援で
  • 写真集「病める舞姫」1冊
  • 展示会,公演にご招待
  • ポストカード6枚組
支援口数 | 17口
舞踏8,000円コース

8,000円 の支援で
  • 写真集「病める舞姫」1冊
  • 「読み解き 病める舞姫」1冊(朗読DVD付き)
  • 展示会,公演にご招待
  • ポストカード6枚組
支援口数 | 15口
舞踏30,000円コース

30,000円 の支援で
  • 写真集「病める舞姫」1冊
  • 写真集にご芳名を掲載
  • 「読み解き 病める舞姫」1冊(朗読DVD付き)
  • 展示会,公演にご招待
  • ポストカード6枚組
支援口数 | 6口
舞踏200,000円コース

200,000円 の支援で
  • 展示会の権利進呈(写真パネルA2・20枚、A3・10枚を15日間貸し出します)
  • 写真集「病める舞姫」2冊
  • 写真集にご芳名を掲載
  • 「読み解き 病める舞姫」2冊(朗読DVD付き)
  • 展示会,公演にご招待
  • ポストカード6枚組
支援口数 | 1口

TOP