「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

思い出の岩崎小学校に遊具を備え、障がいのある子どもたちに思い切り体を動かしてもらう試みです。将来はパラリンピアンも!?

新たな挑戦へ

 はじめまして。2009年に発足した湯沢市のNPO法人「ひだまり」の理事長を務める三浦康弘と申します。

 「ひだまり」は障がいのある人たち、一般就労が困難な人たちを対象に就労支援活動を展開しています。「パン工房さくら」ではパンやクッキーの製造と販売、「ひだまり農園」では野菜栽培や生花の加工販売に取り組み、発泡スチロールや缶類のリサイクル、引きこもりの支援、日中の一時支援を行ってきました。

/data/project/329/IMG_0347.JPG

                    (ひだまり農園で生産したマリーゴールド)

 今回、さらに新しい総合施設を造ることを決めました。もっと幅広い年齢の障がいのある人たちを対象にしたサービスに取り組むためです。新施設では、就学前児童発達支援事業(0~6歳児が対象)、放課後等デイサービス(6~18歳)、障がい者手帳を持つ18歳以上による作業を行います。
 

子どもの才能、見いだしたい

 特に力を入れるのは障がいのある子どもの支援で、ボルダリングなどができる遊具の設置を計画しています。安全面への配慮から普段は思う存分体を動かすことの少ない子供たちに、伸び伸びと動き回ってもらうための「遊び場」です。

/data/project/329/子どもの笑顔(ビニールプール).jpg
                   (プールで遊ぶ子どもたち)

 この設置費用として650万円ほどかかりますが、自己資金等を充ててもなおNPO法人には大きな金額です。そこで皆さまに趣旨に賛同していただき、その一部についてご協力を頂戴できないかと考えました。特に地域の方々のご協力を得られればと願っています。

 これまでも、障がいのある子どもが持つ運動能力の高さに目を見張ることがたびたびありました。プロジェクトは、そんな才能を見いだし、障がいのある子どもたちの未知の可能性を切り開く挑戦とも考えています。これらの取り組みは、2018年4月のスタートを目指しています。

/data/project/329/P1030471.JPG
                     (子どもたちの未来のために)
 

舞台は思い出の校舎

 新施設の舞台は、学校統合により閉校した旧岩崎小学校の校舎です。2011年に136年の歴史に幕を下ろしましたが、岩崎地区に住むお年寄りからお孫さんに至るまで、思い出がぎっしりと詰まった建物です。

/data/project/329/写真❸の1旧岩崎小学校(建物).JPG
                         (思い出の旧岩崎小学校の校舎) 

 実は私、三浦も旧岩崎小の卒業生です。PTA会長も務めたこともあり、学校にはとても愛着があります。旧岩崎小学校が閉校した時には児童、教員合わせて100人が在籍しておりました。地域のシンボルのような存在でした。新しい施設も、数年後には利用者と職員を合わせて100人が集える場所にしたいと思います。もう一度、子供や地域住民の元気な声を思い出の校舎に響かせたい―これが新たな施設の設置場所に選んだ理由です。

/data/project/329/IMG_0286.JPG
                    (空き校舎となった教室の風景)
 

冬も元気に。めざせ未来のパラリンピアン!

 事業の目玉は遊具です。校舎内の元ランチルームに作ります。50平方㍍ほどの広さにボルダリングのような壁面を登る「ロックブロック」、滑り台を含む上り下りできる遊具などを設置します。安全に遊ぶことができるよう、特別なマットや壁面のクッションを使用します。

 下のイラストが完成予想図です。ここで、障がいを持つ子供たちに思う存分運動を楽しんでもらいます。湯沢市は県内有数の豪雪地帯ですので、厳しい冬でも思い切り遊べる場所ができることにも意義があると考えました。
/data/project/329/写真❹遊具完成予想図.jpg
                                 

全年齢層が集合、切れ目なく支援

 新施設では就学前児童発達支援事業(0~6歳児が対象)、放課後等デイサービス(6~18歳)、就労支援事業で働く18歳以上の方の作業を予定しています。幅広い年齢層が集う施設なので、世代を超えた交流ができると思います。目指すのは、子どもから大人まで障がいのある人みんなの笑顔が輝く施設です。

/data/project/329/【差し替え】年代超えたコミュニケーション.jpg

               (あらゆる年齢増が集う施設に)
 

市と賃貸契約、用途変更も終了

 旧岩崎小学校の校舎を借りるための契約を湯沢市と結んでいます。また、校舎を学校教育以外に使うためには国に用途の変更を認めてもらわなければなりませんが、この認可も得ました。

 新施設をオープンさせる総事業費は4千万円ほどで、改修工事の費用の一部には行政からの補助も見込んでいるところです。

/data/project/329/IMG_1365.JPG
            (パン工房さくらで作った商品の販売風景)

 

目標額は100万円

 必要と考える資金は遊具設置費650万円の一部の100万円です。実現すれば、次のように使わせていただきたいと思います。

 ・60% 遊具設置費
 ・20% リターン商品の製作と発送の代金
 ・20% クラウドファンディング利用料金

/data/project/329/DSC_0721.jpg
                   (ひだまり農園の作業風景)
 

リターンは「ひだまり」オリジナル

 ご協力いただいた皆さまへのご返礼の「リターン」は、障がいを持つ人が生産活動の一環で一生懸命に作ったお菓子や野菜を中心に用意させていただきました。詰め合わせにしたオリジナルクッキーやラスクは「パン工房さくら」、野菜の盛り合わせや植物の寄せ植え、花の苗は「ひだまり農園」で作ったもので、手作りの「お返し」です!
/data/project/329/写真❻お菓子作り.JPG
           (お菓子作りの作業の様子)


/data/project/329/リターン写真❹30000円~.JPG
          (リターンに使っているパン工房さくらで作った商品)
 

最後に皆さまへ

 障がいを持つ子供たちの新たな可能性をみいだしてあげるためにも、そして安全に伸び伸びと体を動かす子供の満面の笑みを見るためにも、何とぞご協力をお願い致します。

 舞台は、地域のシンボル・旧岩崎小学校です。地域で障がいのある子供たちを支える姿も夢見ておりますので、地域の皆さまのご協力があれば、大変心強いところです!


 

プロジェクトオーナー紹介

NPO法人ひだまり
2009年発足の秋田県湯沢市のNPO法人。市内で「パン工房さくら」「ひだまり農園」を運営し、障がいのある方々の就労支援をしている。2011年に閉校した岩崎小学校の校舎を活用し、障がいのある人を対象にしたサービスを行う新しい施設の運営を計画。2018年4月の開設を目指して準備を進めている。

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
1,262,000円
目標金額
1,000,000円
126%
サポーター
48人
終了しました

支援いただいた方への特典

ひだまり2,000円コース

2,000円 の支援で
  • オリジナルクッキーとラスク詰め合わせ(6袋入り)
支援口数 | 11口
ひだまり5,000円コース

5,000円 の支援で
  • オリジナルクッキー詰め合わせ(8袋入り)
  • オリジナルラスク詰め合わせ(8袋入り)
支援口数 | 16口
ひだまり1万円コース

10,000円 の支援で
  • オリジナルクッキー詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルラスク詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナル多肉植物セット(5号サイズ1鉢)
支援口数 | 28口
ひだまり3万円コース

30,000円 の支援で
  • オリジナルクッキー詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルラスク詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルメロンパンラスク(10袋入り)
  • オリジナル多肉植物セット(5号サイズ1鉢)
支援口数 | 6口
ひだまり10万円コース

100,000円 の支援で
  • オリジナルクッキー詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルラスク詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルメロンパンラスク(10袋入り)
  • オリジナル多肉植物セット(5号サイズ1鉢)
  • 季節の野菜盛り合わせ(1箱、発送は4~7月)
  • 春の花苗セット(1箱、発送は4~7月)
支援口数 | 4口
ひだまり30万円コース

300,000円 の支援で
  • オリジナルクッキー詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルラスク詰め合わせ(10袋入り)
  • オリジナルメロンパンラスク(10袋入り)
  • オリジナル多肉植物セット(5号サイズ1鉢)
  • 季節の野菜盛り合わせ(1箱、発送は4~7月)
  • 春の花苗セット(1箱、発送は4~7月)
  • 総合施設開所式へのご招待(宿泊、懇親会込み1名様)
支援口数 | 1口

TOP