「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

夢を追う冒険家、人力車で列島縦断中。秋田のゴールをみんなで迎えよう!「白瀬ルートで南極点」実現の弾みに。

10月29日、金浦にゴール

 みなさん、こんにちは!
 私たちは秋田県にかほ市金浦(このうら)地区で活動している「元気な金浦まちづくり実行委員会」です。20~50代の住民約10人で構成しています。

 
 みなさんは「夢を追う男」阿部雅龍(まさたつ)さん(34)をご存知ですか?
 阿部さんは秋田市生まれ、潟上市育ちで秋田大OBの極地冒険家。南米アマゾン川1200キロをいかだで下ったり、カナダ北極圏1250キロ、グリーンランド北極圏750キロをそれぞれ単独踏破したりと数々の実績を残しています。

/data/project/294/20160614社会1_web.jpg
(グリーンランド北極圏を歩く阿部さん)

 私たちは阿部さんの「夢」を応援するために「ファンあきた」で協力を呼び掛けることにしました。阿部さんは現在、冒険家としてのトレーニングを兼ね、人力車で日本列島約6000キロを縦断中。今年2月に鹿児島をスタートし、いよいよ10月29日、ここ金浦にゴールします。そのゴールをたくさんの人たちで出迎え、2年後に迫った彼の計画に弾みが付くようなイベントを開催したいのです。

冒険家の夢とは?

 阿部さんの冒険家としての「夢」。それは秋田が生んだ日本初の南極探検隊長、白瀬矗(のぶ)(1861~1946年)の果たせなかった思いを実現するための挑戦です。105年前、南極に上陸しながらも探検を途中で断念せざるを得なかった当時の白瀬が想定していたであろう「白瀬ルート」を経由しての極地点到達なのです。

/data/project/294/sn_M430000_0202.jpg
(日本人として初めて南極に上陸した白瀬=白瀬南極探検隊記念館提供)

 皆さんご存知の通り、白瀬はここ金浦の出身です。1915年1月、日本人として初めて南極大陸に上陸し、南極点を目指して犬ぞりを走らせました。しかし探検の継続を断念。到達した一帯を「大和雪原(やまとゆきはら)」と名付けて帰還しました。無念だったに違いありません。

/data/project/294/06.大和雪原到達_M45.1.28.jpg
(大和雪原に立つ白瀬隊=白瀬南極探検隊記念館提供)

 阿部さんは、同じ郷土の冒険家として105年前に白瀬が断念せざるを得なかった計画を自ら実現させようとしています。私たちはこの「夢」を応援したいのです。

 阿部さんの計画はこうです。まず2018年に南極に上陸し、前哨戦として多くの探検家が通った「ノーマルルート」(約1130キロ)を単独無補給で進んで南極点を目指します。ノーマルとは言え、このルートを単独無補給で踏破した日本人はいません。そして翌2019年、再び南極の雪を踏みしめ、いよいよ「白瀬ルート」(約1500キロ)で南極点を目指します。「大和雪原」より先は前人未踏のルートなのです。

私たちが応援する理由

 私たちが阿部さんを応援するのには理由があります。深い感謝の気持ちがあるからです。阿部さんは、金浦の偉人・白瀬を心から敬い、毎年のように地元の顕彰行事に参加し、時には白瀬の墓前に手を合わせ、時には講演を通じて白瀬の偉業を全国に伝えてくれています。私たち金浦の住民にとってこれ以上うれしく、ありがたいことはありません。

/data/project/294/p_09_1[1].jpg
(手を合わせる阿部さん)

 そして阿部さんの人柄です。阿部さんとお話していると、その語り口や表情にはいつも、少年のような好奇心と探究心、そして純粋な感受性がにじみ出ています。目の輝きがそれを物語っているようです。どんなに苦しくても一つのことを貫き通そうとする熱い情熱も感じ取れます。私たちがぜひ応援したいと思える存在なのです。

/data/project/294/阿部雅龍顔写真.jpg
(笑顔を浮かべる阿部さん)

人力車の旅

 阿部さんは今、金浦を目指して人力車で列島を縦断中。今年2~10月の8カ月間に及ぶ孤独な旅は、南極点到達への誓いを立てるための行脚でもあります。巡っているのは神社の中でも格が高いとされる「一の宮」と呼ばれる全国68カ所の神社。最後には白瀬の墓がある金浦の浄蓮寺でゴールを迎え、墓前に手を合わせ、南極点到達を誓う予定です。

/data/project/294/阿部雅龍お参り.jpg
(人力車で全国を縦断している阿部さん)

 阿部さんの現在地、これまで巡った神社はこちらのサイトで確認できます。
 http://www.jinriki-support.com/abe/

ゴールで花道つくろう!

 阿部さんがゴールするのは10月29日(日)午前9時半ごろ。この日に私たちが開催したいイベントは次の通りです。これらを実行するために開催経費としてぜひ40万円の協力をお願いしたいのです。

/data/project/294/20161225社会1_web.jpg
(阿部さんはトレーニングを兼ね、普段の仕事でも観光地で人力車を引いている)


【第1部】ゴールで出迎え

 白瀬のお墓がある浄蓮寺の前で花道をつくり、白瀬隊の旗を振って阿部さんのゴールを出迎えませんか?「お疲れさま!」「よくやったね!」と声を掛け、次の計画を後押ししましょう。
 

【第2部】阿部さんの講演「夢を持つこと(仮題)」

 縦断の旅を終えたばかりの阿部さんから「夢を持つこと(仮題)」のテーマで30分ほど講演していただきます。なぜ、阿部さんが白瀬の生き方に刺激を受けたのかを子供たちに知ってもらい、自身の夢について考える機会にしてもらいたいと思っています。
  ・会場  金浦青少年ホーム軽運動室
  ・時間  10月29日午前10時ごろ~
  ・会費  高校生まで無料 /  大人 500円
 

【3部】阿部さんを囲む交流会

 阿部さんを応援している人や企業、各関連団体などに声をかけ、阿部さんを囲む交流会を開きます。みんなが一丸となって応援していく仲間づくりの機会にしたいと思っています。一人ひとりの思いが束ねられればきなエネルギーになります。全国の雅龍ファンも巻き込み、応援をもっともっと広げていきます。
  ・会場    虎丸(金浦の料理屋)
  ・時間    10月29日正午ごろ
  ・会費    3,000円
  ・募集人数  50人程度を想定

 ※当日の詳細なスケジュールは調整中。決まり次第、ご支援いただいた皆さまへご連絡します。

40万円の支援を

 上記3部構成のイベントの開催経費に充てるために皆さんに40万円の協力をお願いしたいと思っています。講演会の会場費、阿部さんの講演料、チラシ作成などPR費用、諸経費などに充当したいと思っています。 
 今回のイベント開催は阿部さんご本人からも承諾をいただいています。

リターンの目玉は限定品の地酒

 皆さんからご支援をいただくために、お礼の品(リターン)としてさまざまな品を用意しました。10月29日の講演会入場チケット、交流会参加チケットはもちろん、阿部さんの著書、手ぬぐい、ステッカーなど多様です。
 
 その中でも目玉の品は初代しらせ、2代目白瀬、宗谷など歴代の日本の南極観測船をラベルのデザインに使った限定のお酒です。銘柄は地元にかほ市の「飛良泉」。南極隊員を経験したことのある南極OB会オリジナルの企画品なので市場にはほとんど流通していません。今回はその南極OB会の協力を得てリターンに使わせてもらえることになりました。注目の逸品です。

/data/project/294/リターン日本酒.JPG
(南極観測船をラベルに描いた「飛良泉」)

 このほかの主なリターンは次の通りです。
★写真撮影券:10月29日にゴールした阿部さんと一緒に写真が撮れる券です。
★南極旗リストバンド
/data/project/294/リストバンド.jpg
★「タラーメン」
 地元にかほ市の伊藤製麺の商品。タラのしょっつる風味の麺です。
★「ハタハタ瓶漬」(2種類)
 地元にかほ市の三浦米太郎商店の商品。ハタハタのくん製のオリーブ漬けです。もう1種類はブリコ入りのハタハタを使っています。
★阿部さんの著書「次の夢への一歩」
/data/project/294/次の夢への一歩.jpg

最後に

 今回のイベント開催には白瀬南極探検隊記念館、白瀬矗顕彰会、NPO法人白瀬100周年記念会からもご協力をいただく予定です。私たち「元気な金浦まちづくり実行委員会」は組織の中に「阿部雅龍を応援する会実行委員会」をつくって準備を進めています。委員長は竹内一誠(かずしげ)が務めております。皆さんのご支援をどうぞよろしくお願いします。

※ 阿部雅龍さんの写真はいずれも阿部雅龍さんご本人から提供を受けました。
 

プロジェクトオーナー紹介

元気な金浦まちづくり実行委員会
秋田県にかほ市金浦地区の20~50代の住民約10人で構成。金浦は日本人初の南極探検隊長、白瀬矗の生まれ故郷。偉業を顕彰する白瀬南極探検隊記念館がある。イベントに関する問い合わせは事務局の高橋さん(akitaviewro@site-japan.net),☎090-1492-6560

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
401,000円
目標金額
400,000円
100%
サポーター
56人
終了しました

支援いただいた方への特典

南極1,000円コース

1,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
支援口数 | 9口
南極3,000円コース

3,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
支援口数 | 14口
南極5,000円Aコース

5,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 人力ステッカー × 1枚
支援口数 | 13口
南極5,000円Bコース

5,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 伊藤製麺の「タラーメン」 × 1袋
支援口数 | 3口
南極1万円Aコース

10,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 南極観測船ラベル「飛良泉」 × 1本
支援口数 | 17口
南極1万円Bコース

10,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 人力ステッカー × 1枚
  • 南極旗リストバンド × 1個
支援口数 | 3口
南極2万円Aコース

20,000円 の支援で
  • 阿部さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 南極観測船ラベル「飛良泉」 × 1本
  • 阿部雅龍さん著書「次の夢への一歩」 × 1冊
支援口数 | 1口
南極2万円Bコース

20,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 伊藤製麺の「タラーメン」 × 2袋
  • 三浦米太郎商店の「ハタハタ瓶漬」 × 2種類
  • 阿部雅龍さん著書「次の夢への一歩」 × 1冊
支援口数 | 0口
南極3万円Aコース

30,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 南極観測船ラベル「飛良泉」 × 2本
  • 阿部雅龍さん著書「次の夢への一歩」 × 1冊
支援口数 | 0口
南極3万円Bコース

30,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 10月29日交流会参加券 × 1枚
  • 南極旗リストバンド × 1個
  • 人力手ぬぐい × 1枚
支援口数 | 0口
南極5万円Aコース

50,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 南極観測船ラベル「飛良泉」 × 5本セット
  • 阿部雅龍さん著書「次の夢への一歩」 × 1冊
支援口数 | 1口
南極5万円Bコース

50,000円 の支援で
  • 阿部さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 10月29日交流会参加券 × 3枚
  • 阿部雅龍さん著書「次の夢への一歩」 × 1冊
支援口数 | 0口
南極7万円コース

70,000円 の支援で
  • 阿部雅龍さんとの写真撮影券 × 1枚
  • 10月29日講演会チケット × 1枚
  • 南極観測船ラベル「飛良泉」 × 5本セット
  • 10月29日交流会参加券 × 2枚
支援口数 | 0口

TOP