「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

今年もやります「湯沢ストリート村」。バスケ「3オン3」で街をさらに盛り上げたい!

若い力で地域を元気に

こんにちは。私たちは秋田県湯沢市の地域起こしグループ「湯沢ストリート村実行委員会」です。地元の10~30代の若手約20人から成り、市内で洋服店を経営する私、藤田一平(32)が代表を務めています。/data/project/227/実行委員会集合原画.jpg
 メンバーに共通するのは「地元を元気にしたい」「ふるさとのために何かがしたい」との思い。地域の「にぎわい」を生むことに取り組んでいます。

 

2度目の挑戦

実は私たちが「ファンあきた」で皆さんに協力をお願いするのは2度目のことです。湯沢ストリート村実行委員会は昨年夏、ストリートダンスのイベント「第4回湯沢ストリート村」を7月に開催するため「ファンあきた」で協力を呼び掛け、計48人のサポーターから60万円近くのご支援をいただきました。皆さんのご協力がなければイベントの成功はありませんでした。心から感謝しています。/data/project/227/ダンス原画.jpg
(昨年のダンスパフォーマンスの様子)

 

今年は新たなイベントに

今年も7月23日、「第5回湯沢ストリート村」の開催を予定しています。第4回まではストリートダンスがメインでしたが、今年は装いを一新。子どもからお年寄りまで幅広い世代の人が集えるよう、ステージショー、バスケットボール、キッズストライダーの三つを柱にしたイベントにします。

そこでですが、今回も開催経費の一部を皆さんからご支援いただけないでしょうか。「第5回湯沢ストリート村」の開催費用に充てるため、50万円のご協力をいただきたいというのが今回のお願いです。

 

昨年のメインはダンス

昨年の第4回湯沢ストリート村は7月22~24日、湯沢市小野の「小町の郷公園」で開催しました。多彩な催しの中でメインに据えたのは最終日のストリートダンスコンテスト。「1対1」「2対2」「チーム対決」の3部門に計約150人が出場し、会場は熱気に包まれました。 
/data/project/227/ダンス原.jpg
(ダンスをする出場者)


出場者は小中高校生ら子どもたちが9割、大人が1割。子どもたちはヒップホップやロック、ポップなどの音楽に合わせ、ステージで力強く自身を表現しました。軽快にステップを刻み、床に頭を付けて華麗に回転したり、ロボットの動きをまねたダンスを見せたり…。約400人の観客から大きな拍手と歓声が湧きました。

/data/project/227/2016ダンス表彰式原.jpg
(ダンスの表彰式を見つめる人たち)

 
ダンスコンテストの出場者は年々増えており、昨年の150人は過去最多。熱気を帯びてダンスをする出場者、喜ぶ観客の姿を見て「やって良かった」「来年も続けよう」とあらためて思いました。
 
一方、反省もありました。ダンスコンテストなどには人が集まったのですが、盛り上がりに欠く催しもありました。ビニールプールの水浴びを楽しんだのは限られた子どもたちだけでしたし、○×クイズの出場も十数人にとどまりました。「もっと多くの人が参加できるイベントにしなければ」「来年はさらに工夫が必要」―。私たちはそう考えました。

 

もっと多くの人の参加を

湯沢の場合、七夕絵灯ろうまつり、犬っこまつりなど「見て楽しむ行事」は有名ですが、参加型の祭りはほとんどないのが現状です。だからこそ「参加型の祭りを自分たちでつくろう」と活動を続けてきました。私たちはその原点を再確認し、第5回湯沢ストリート村は装いを新たにすることを決めました。ストリートダンスコンテストは十分に「独り立ち」できると考え、別開催することにしました。
/data/project/227/七夕絵どうろうまつり[1].jpg
(七夕絵灯ろうまつりの風景)

 

メインはバスケ「3オン3」

「第5回湯沢ストリート村」のメインは屋外で楽しむ「ストリートバスケ」にしました。ストリートダンスに匹敵、それを上回るほどの若者を集められると考えたからです。昨年10月に湯沢市で開催された「うどんエキスポ」の際には、商店街を歩行者天国にしてテスト的に「3オン3」の大会を開催。若者ら12チームが参加し、熱戦を繰り広げました。「これならいける」と思いました。
/data/project/227/バスケ.jpg
(うどんエキスポの際に行われたストリートバスケ)
 

子ども向けの競技も

就学前の小さな子どもたちにも屋外競技を楽しんでもらおうと、自転車の形をした子ども向けの乗り物「キッズストライダー」の競争も行うことにしました。こちらも今年2月、湯沢の小正月行事「犬っこまつり」の際にテスト的に雪上での大会を開催。2~6歳の就学前の子どもたち約50人が雪の上ではしゃぎました。手応えをつかみました。
/data/project/227/犬っこストライダー原.jpg
(犬っこまつりの際に行ったストライダー競技)

 

ステージショーは継続開催

そしてもう一つは定番のステージショー。こちらは毎年開催していますが、和太鼓演奏や郷土芸能の披露、地元歌手など多彩な顔ぶれが出演するため、幅広い年代の方が集まります。こちらは継続することにしました。


/data/project/227/第4回ストリート村原.JPG
(和太鼓演奏の様子)
 

開催は7月23日

会場は湯沢市文化会館裏の駐車場。バスケの「3オン3」は小学生、一般(中学生以上)の2部門に分かれ、トーナメント形式で優勝を競います。午前10時~午後6時ごろの開催予定です。5月下旬ごろからエントリーを受け付けます。
 
キッズストライダーは2~6歳の子どもたちが出場可能。2歳、3歳などの年齢ごとの5部門で特設コースを走るタイムを競います。こちらは現在エントリーを受付中です。

 

私たちの思い

私藤田を含む実行委の中心メンバーの多くは、実は湯沢への「Uターン組」で構成されています。私たちが首都圏で暮らして郷里の湯沢に戻ったとき、過疎化と高齢化が以前よりさらに進み、至る所に空き家が目立つことに衝撃を受けました。また、子どもの頃に遊んだ商店街が「シャッター通り」と言われるほど空き店舗が目立つことにも驚きを隠せませんでした。
「ふるさとが寂れる一方だ」。私たちにはそんな危機感があります。そして、一度秋田を出てさまざまな経験をした若手であるからこそ、ふるさとのためにできることがあると思うのです。
 
若い人は今、東京、仙台へとどんどん流出しています。確かに湯沢は若い人が憧れるような都会とは言えません。それでも、気持ちと行動力があれば、地元でも人を引きつけるような新しいにぎわいをつくることができると考えています。私たちはその実例を自らの手でつくりたいのです。
 
思いを実現させるために皆さんの手を貸していただけないでしょうか。クラウドファンディングで50万円のご支援をお願いしています。

 

支援してくれた人のために

支援を寄せてくれた人のために第5回湯沢ストリート村で使用できるドリンクチケットのほか、オリジナル商品、地元の日本酒など多彩なリターンを用意しました。次の通りです。
 

①ストリート3000円コース

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚 

/data/project/227/3000円コース.jpg



②ストリート5000円コース

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚
  湯沢ストリート村オリジナルタオル × 1枚

/data/project/227/5000円コース.jpg
 


③ストリート1万円コース 

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚
  湯沢ストリート村オリジナルTシャツ(白、黒のいずれか) × 1枚
  ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます


/data/project/227/1万円コース.jpg



④ストリート3万円コース

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚
  湯沢ストリート村オリジナル日本酒1升 × 1本
  湯沢ストリート村オリジナルタオル × 1枚


/data/project/227/3万円コース.jpg



⑤ストリート5万円コース

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚
  湯沢ストリート村オリジナルTシャツ(白、黒のいずれか) × 1枚
  湯沢ストリート村オリジナル日本酒1升 × 2本
  ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます


/data/project/227/5万円コース.jpg



⑥ストリート10万円コース

  ドリンクチケット(アルコール、ソフトドリンクいずれか1杯) × 2枚
  湯沢ストリート村オリジナルタオル × 1枚
  湯沢ストリート村オリジナルTシャツ(白、黒のいずれか) × 1枚
  湯沢ストリート村オリジナル日本酒1升 × 3本
  ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます



/data/project/227/10万円コース.jpg

 

 最後にお願い

真夏のイベントが日に日に迫ってきました。私たちも毎日準備に奔走しています。ぜひご支援をお願いいたします。そしてぜひ会場に足をお運びください。


なおストリートダンスのイベントは8月6日の七夕絵灯ろうまつりに合わせて開催する予定です。


 

プロジェクトオーナー紹介

湯沢ストリート村実行委員会
http://street-mura.com/
湯沢市で生まれ育った10~30代の約20人でつくる地域起こしグループ。代表の藤田一平さん(32)を含む中心メンバーの多くは首都圏からのUターン者。行動力と郷里への思いが活動の原動力だ。2013~16年までストリートダンスをメインにしたイベント「湯沢ストリート村」を毎年開催。今年も7月の「第5回湯沢ストリート村」に向けて日々奔走している。

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
290,000円
目標金額
500,000円
58%
サポーター
25人
終了まであと
25日

支援いただいた方への特典

ストリート3,000円コース

3,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
支援口数 | 6口
ストリート5,000円コース

5,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルタオル1枚
支援口数 | 13口
ストリート1万円コース

10,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルTシャツ1枚
  • ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます
支援口数 | 6口
ストリート3万円コース

30,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルタオル1枚
  • 湯沢ストリート村オリジナル日本酒(1升)1本
支援口数 | 0口
ストリート5万円コース

50,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルTシャツ1枚
  • 湯沢ストリート村オリジナル日本酒(1升)2本
  • ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます
支援口数 | 1口
ストリート10万円コース

100,000円 の支援で
  • ドリンクチケット(アルコールまたはソフトドリンク)2枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルタオル1枚
  • 湯沢ストリート村オリジナルTシャツ1枚
  • 湯沢ストリート村オリジナル日本酒(1升)3本
  • ※Tシャツの色、サイズは申し込みを受けた後、実行委から皆さんに問い合わせます
支援口数 | 1口

TOP