「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

古き良き江戸時代の武家文化を世界に発信! 青柳家「駕籠」修繕プロジェクト

秋田・角館を取り巻く状況

角館歴史村・青柳家代表の高橋と申します。
格式高い薬医門(やくいもん)で知られる青柳家は、秋田の角館を代表する武家屋敷です。二代目当主・藤右衛門がみちのくの地に移り住んでから四百年。青柳家は、角館とともに永い時を歩んでまいりました。

武家屋敷通りに続く黒塀の優美さが、青柳家の歴史を彩っています。約3000坪の青柳家の敷地には、6つの資料館、土産店、喫茶店、食事処があります。また、近くの 石黒家や伝承館もすばらしく、おいしい味噌や雑貨屋さん、商店街側にもたくさんのお店が立ち並び、観光客の皆様からも高い評価いただいております。

我々は藩政時代から残る青柳家の資源を活用し、魅力ある観光地づくりをけん引しなければならない立場にありますが、他県に一歩遅れを取っているのが現状です。

最近では、台北空港(台湾)~仙台空港のLCC便就航などにより、この角館にも台湾を含む海外からのお客様が増加してきており、この流れを契機に県内の観光振興を勢いづけられないかと考えています。
/data/project/139/10306077_863272947031966_8325982924335739313_n.jpg
(青柳家・薬医門の外観)

角館の武家文化を発信したい

角館の武家屋敷には、兵(つわもの)たちが暮らし、武家としての文化を育んできたという歴史が存在します。藩政時代から続く武家屋敷を保存重視の立場で維持・管理していくことも大切ですが、刀に触れたり、鎧(よろい)を着用したり、駕籠(かご)に触れたりするようなことを通して、お客様に体感して頂き、古き良き武家文化を残す機会になるのではないかと感じています。
 
江戸時代には近距離移動向けに、今でいうタクシーのように街角などで客を待って乗せる「辻駕籠」(つじかご)と、主に長距離移動に使われていた「宿駕籠」(しゅくかご)があったと言われています。

今回のFAN AKITAのプロジェクトによって再生し、修繕させようとしているのが、近隣の旧家に保管されてきた辻駕籠用の駕籠です。
/data/project/139/sub_22.jpg
(手前:プロジェクト対象の駕籠  奥:今夏修繕した駕籠)
 
角館の武家屋敷通りは人力車があることで知られていますが、それより古くには駕籠が往来し、人々と武家の暮らしを支えていました。

駕籠をよく観察すると、当時の日本人の体格や、駕籠の重量、駕籠かき(担いで運ぶ人)の苦労、そして「移動の道具」にも装飾を怠らない〝江戸の美学〟など、様々なことが見えてきます。

いま、この駕籠をインバウンド(訪日外国人観光客)向けに発信したいと考えています。
/data/project/139/292599_441300905895841_1278959166_n.jpg
(青柳家・庭園の様子)

 訪日外国人観光をけん引したい

/data/project/139/14938175_1593721570653763_1203925804003924369_n.jpg
(観光客で賑わう武家屋敷通り)

昨今、インバウンドの隆盛から、盛んにその言葉が世間を賑わせておりますが、観光業以外の方にはなかなかそのメリットを見出しにくく、関わりの浅いものになってしまっていると思われます。また、他県と比べ、秋田県のインバウンドの取り込み状況は決して十分といえる水準には達していません。

人口減少、少子高齢化により疲弊するこの秋田に活力を見い出していくためにも、交流人口の拡大、旅行消費の増大が期待できるインバウンドの取り込みが、今こそ必要です。

今回のプロジェクトにご支援いただくことにより、より多くの方々にインバウンド振興の一翼を担っていただけるものと考えております。角館の武家屋敷、青柳家を一つのツールとして、秋田の観光発展に寄与していただけましたら幸いです。

我々青柳家としましても、いつまでも、古き良き江戸時代の武家文化を世界に発信し続ける角館を創造するとともに、秋田県が力強く成長できるよう取り組んでまいります。
/data/project/139/531347_441302475895684_176660162_n.jpg
(様々な体験コンテンツを用意してお待ちしております。)

リターンのご紹介

【武家屋敷5,000円コース】
■「青柳家」無料入場券(2枚)
■角館コーヒー(1個)

【武家屋敷10,000円コース】
■「青柳家」無料入場券(2枚)
■角館コーヒー(1個)
■樺細工一輪挿し(1個)

【武家屋敷20,000円コース】
■「青柳家」無料入場券(2枚)
■角館コーヒー(1個)
■樺細工茶筒(1個)
/data/project/139/item_04.jpg
※写真はあくまでイメージとなります。
※リターンの発送は、29年2月以降の発送とさせていただきます。

青栁家のご紹介

【角館歴史村・青柳家】
■所在地
〒014-0325  
秋田県仙北市角館町東勝楽丁26
/data/project/139/青柳家地図.png

■代表
高橋 佐知(たかはし さおき)

■青柳家概要    
四季折々の草花あふれる3000坪の敷地内では、母屋、武器庫、解体新書記念館、秋田郷土館、武家道具館、ハイカラ館(アンティークギャラリー喫茶)、幕末写真館、時代体験庵、貴重な品々約3万点を公開しています。
/data/project/139/無題.png
ホームページ  http://www.samuraiworld.com/
Facebook  https://www.facebook.com/akita.kakunodate.bukeyashiki.aoyagike/

【関連事業】
■角館山荘 侘桜http://wabizakura.com/
/data/project/139/無題2.png
■さとくガーデンhttp://satoku-garden.com/
/data/project/139/無題3.png

 

プロジェクトオーナー紹介

角館歴史村・青柳家
http://www.samuraiworld.com/
格式高い薬医門で知られる青柳家は、角館を代表する武家屋敷です。二代目当主・藤右衛門がみちのくの地に移り住んでから四百年。青柳家は、秋田・角館とともに永い時を歩んでまいりました。

現在の支援状況

地域|
秋田県
現在集まっている金額
540,000円
目標金額
500,000円
108%
サポーター
20人
終了しました

支援いただいた方への特典

武家屋敷5,000円コース

5,000円 の支援で
  • 「青柳家」無料入場券(2枚)
  • 角館コーヒー(1個)
支援口数 | 16口
武家屋敷10,000円コース

10,000円 の支援で
  • 「青柳家」無料入場券(2枚)
  • 角館コーヒー(1個)
  • 樺細工一輪挿し(1個)
支援口数 | 8口
武家屋敷20,000円コース

20,000円 の支援で
  • 「青柳家」無料入場券(2枚)
  • 角館コーヒー(1個)
  • 樺細工茶筒(1個)
支援口数 | 19口

TOP