「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FAN AKITA ニュース

障がいのあるこどもたちに思い切り体を動かしてもらおう―ひだまりプロジェクトスタート

17.11.29
 /data/blog/archive/original/39802.jpgはじめまして。湯沢市のNPO法人「ひだまり」の理事長を務める三浦康弘と申します。
 「ひだまり」は障がいのある人たち、一般就労が困難な人たちを対象にパンやクッキーの製造、販売、野菜栽培や生花の加工販売などで就労支援活動を展開。さらに発泡スチロールや缶類のリサイクル、引きこもりの支援、日中の一時支援を行ってきました。
 今回、さらに新しい総合施設を造ることを決めました。もっと幅広い年齢の障がいのある人たちを対象にしたサービスに取り組むためです。特に力を入れるのは障がいのある子どもの支援で、ボルダリングなどができる遊具の設置を計画しています。安全面への配慮から普段は思う存分体を動かすことの少ない子供たちに、伸び伸びと動き回ってもらうための「遊び場」です。 これまでも、障がいのある子どもが持つ運動能力の高さに目を見張ることがたびたびありました。プロジェクトは、そんな才能を見いだし、障がいのある子どもたちの未知の可能性を切り開く挑戦とも考えています。2018年4月のスタートを目指しています。
設置費用として650万円ほどかかりますが、自己資金等を充ててもなおNPO法人には大きな金額です。そこで皆さまに趣旨に賛同していただき、その一部100万円についてご協力を頂戴できないかと考えました。特に地域の方々のご協力を得られればと願っています。新施設の舞台は、私の母校で、学校統合により閉校した旧岩崎小学校の校舎です。岩崎地区に住むお年寄りからお孫さんに至るまで、思い出がぎっしりと詰まった建物です。もう一度、子どもや地域住民の元気な声を思い出の校舎に響かせたいと考えています。
 ご協力いただいた皆さまへのご返礼の「リターン」は生産活動の一環で一生懸命に作ったお菓子や野菜を中心に用意させていただきました。
/data/blog/archive/original/39803.jpg 障がいのある子供たちの新たな可能性をみいだしてあげるためにも、そして安全に伸び伸びと体を動かす子供の満面の笑みを見るためにも、何とぞご協力をお願い致します。
 
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/329
 

TOP