「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。

『FAN AKITA(ファンあきた)』プロジェクト規則

このプロジェクト規則(以下、「本プロジェクト規則」といいます。)は、株式会社秋田魁新報社(以下、「当社」)といいます。)が運営する購入型クラウドファンディングサービス『FAN AKITA(ファンあきた)』(以下、「FAN AKITA」といいます。)を通じて提供されるサービスに関し、プロジェクトオーナーのために当社が制定する個別の規則です。

プロジェクトオーナーによるプロジェクトの企画・立案、プロジェクトの承認申請、「FAN AKITA」への掲載、サポーターの募集、サポーターとの売買契約の締結・履行などのプロジェクトの実施に関連する事項については、本プロジェクト規則および「FAN AKITA」利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)が適用されます。

第1条 定義
 本プロジェクト規則において使用される用語は次の各号に掲げるとおりとします。
(1) 「プロジェクトの承認」_プロジェクトオーナーになろうとする者が、当社所定の手続きに従い、プロジェクトの概要、サポーターに提供される商品、事業報告などの内容および当社が必要とする事項を当社に届け出し、プロジェクトの実施を申請し、当社がプロジェクトとして「FAN AKITA」に掲載し、サポーターを募集することを承認することをいいます。
(2) 「サポーター情報」_売買契約に基づき商品、事業報告などを提供する目的のため、当社からプロジェクトオーナーに提供されるサポーターの個人情報をいいます。

第2条 プロジェクトの承認
(1) プロジェクトオーナーになろうとする者は、プロジェクトごとに当社にプロジェクトの承認を申請するものとします。
(2) 当社は、当社所定の基準に則り、前項の申請をプロジェクトとして承認するか否かを決定し、承認した場合、申請者はプロジェクトオーナーとなります。
(3) 当社は、申請者が第8条に掲げるプロジェクトオーナーの地位の喪失事由に該当し、またはそのおそれがある場合、その他申請者をプロジェクトオーナーとして認めることに不適当な事由があると判断される場合、プロジェクトの承認を拒むことができます。
(4) 当社は、プロジェクトにおいて提供される商品が、次の各号に掲げる事由に該当し、またはそのおそれがある場合、プロジェクトの承認を拒むことができます。
  ア 法令・公序良俗・社会秩序・社会道徳に違反する場合
  イ 当社または第三者の特許権、商標権、著作権などの知的財産権、営業秘密、氏名・肖像権などの権利を侵害する場合
  ウ 当社または第三者を誹謗・中傷・侮辱し、または当社または第三者の名誉・信用を毀損する場合
  エ 法令上必要な許認可・登録・届出などが取得されておらず。サポーターがこれを取得することが不可能・困難な場合
  オ アダルト・わいせつ・児童ポルノなどの関連商品、異性との出会い・交際・性交渉・売買春の勧誘などの関連商品である場合
  カ 犯罪により取得された商品である場合
  キ 火器・けん銃などの武器、爆発物、人体またはその一部である場合
  ク 麻薬・覚せい剤・危険ドラッグ、有害物質が含まれた商品である場合
  ケ コンピュータウイルスに感染したデジタルコンテンツである場合
  コ その他「FAN AKITA」を通じサポーターを募集することが不適切であると判断される場合

第3条 プロジェクトの掲載
(1) プロジェクトオーナーは、当社所定の手続きに従い、プロジェクトを「FAN AKITA」に掲載します。
(2) プロジェクトオーナーは、プロジェクトを「FAN AKITA」に掲載するにあたり、当社が求める事項について当社に開示し、掲載の承認を得るものとします。
(3) プロジェクトオーナーは、次の各号に掲げる事由に該当し、またはそのおそれがある場合、プロジェクトを「FAN AKITA」に掲載することはできません。
  ア 前条第4項の各号に抵触する場合
  イ プロジェクトの実施主体または責任の所在が不明確な場合
  ウ プロジェクト内容が虚偽である場合
  エ プロジェクト内容が誤認されるおそれがある場合
  オ その他「FAN AKITA」を通じサポーターを募集することが不適切であると判断される場合
(4) 当社は、前項に基づき、プロジェクトオーナーが「FAN AKITA」を通じサポーターを募集することが不適切であると判断した場合、「FAN AKITA」からプロジェクトの掲載を削除できるものとする。これによりプロジェクトオーナーに損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。
(5) プロジェクトオーナーは、「FAN AKITA」に掲載された内容などを、当社が本サービスの広報および当社の公報などに利用することについてあらかじめ同意するものとします。

第4条 サポーターの募集活動
プロジェクトオーナーは、プロジェクトを「FAN AKITA」に掲載したあと、その責任と負担において、プロジェクトの宣伝・広告活動を行い、プロジェクトの成立に努めるものとします。

第5条 プロジェクトの成立・売買契約の履行
(1) プロジェクトオーナーは、プロジェクトの成立後、本プロジェクト規則および本利用規約に従い、サポーターとの間の売買契約を成立させ、サポーターに対しその責任と負担において商品、事業報告などを提供し、売買契約を履行します。
(2) プロジェクトオーナーは、売買契約の履行に関する一切の取引について、その取引記録を作成し、これに基づき収支計算書を作成し、これらの会計帳票にかかる証憑を保管し、当社からの要請を受けた場合、その開示・閲覧に応じるものとします。
(3) プロジェクトオーナーは、売買契約に違反した場合、その責任と負担において、サポーターに対し「FAN AKITA」に掲載された商品、事業報告などの提供、損害賠償の支払い、サポーターとの間の紛争処理を行います。
(4) プロジェクトオーナーは、売買契約上の地位およびこれに基づきサポーターに対し有する購入の購入代金に関する権利を第三者に譲渡し、担保に供するなどの処分をすることはできません。

第6条 利用料金
プロジェクトオーナーは、サポーターとの間で売買契約が成立したときは、当社に対して本サービ
スの利用料金として、売買契約に基づきサポーターから支払いを受ける商品購入代金の合計額に対し、20%を乗じた金額を支払うものとします。

第7条 サポーター情報の取扱い
(1) プロジェクトオーナーは、自己の責任と負担において、サポーター情報を適切かつ厳重に管理し、商品、事業報告の提供などに必要な配送業務、配信業務を委託する場合を除いては、第三者に対しこれを開示・漏洩いたしません。
(2) プロジェクトオーナーは、サポーター情報を商品、事業報告の提供などの売買契約の履行以外   
  の目的で使用することはできません。
(3) プロジェクトオーナーは、サポーター情報について、漏洩、滅失、毀損などの事故が発生し、または発生するおそれが生じた場合は、直ちに当社にその旨を連絡し、適切な措置を講じます。
(4) プロジェクトオーナーは、当社から要請を受けた場合、サポーター情報の管理状況について、当社に報告します。
(5) プロジェクトオーナーは、サポーター情報について、漏洩、滅失、毀損などにより当社またはサポーターに損害を与えた場合は、その損害を賠償する責任を負います。
(6) プロジェクトオーナーは、売買契約の履行が完了したときは、当社所定の手続きに従い、サポーター情報を当社に返還または破棄します。

第8条 プロジェクトオーナーの地位の喪失
当社は、プロジェクトオーナーが次の各号に掲げるいずれかの事由に該当するときは、プロジェクトオーナーの地位を喪失させることができます。また、プロジェクトオーナーが当該事由に該当するおそれがあると判断される場合、当社はプロジェクトの進行を停止することができます。
 ア プロジェクトを撤回したとき
 イ サポーターと締結した売買契約に違反したとき
 ウ 本利用規約に掲げる禁止行為を行ったとき
  エ 本プロジェクト規則および本利用規約に違反し、プロジェクトオーナーとして認めることが相当でないとき
 オ 日本国外に住所を移転したとき
 カ 当社に虚偽の情報を申し出たとき
 キ 本プロジェクト規則および本利用規約の変更に同意いただけないとき
 ク 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者であるとき
 ケ 支払停止または支払不能の状態にあるとき
コ  民事執行法、国税徴収法その他の法律に基づき差押、仮差押、仮処分、滞納処分の執行を受けたとき
サ  破産、特別清算、会社更生、民事再生、任意整理の申立があり、または解散事由が発生したとき
シ 債権者からその資産及び負債について全般的な管理を受けたとき
ス その営業を停止したとき、または所管官庁から営業停止を含む内容の行政処分を受けたとき
  セ その他、プロジェクトオーナーとしてプロジェクトを実施することが相当でないと判断されるとき

第9条 損害賠償
   プロジェクトオーナーは、本プロジェクト規則および本利用規約に違反し、当社、サポーター、第三者に損害を与えた場合、当該損害を賠償する責任を負います。

第10条 知的財産権
   「FAN AKITA」に掲載されたプロジェクトに含まれる表現について、プロジェクトオーナーが知的財産権などの権利を有する場合、当該権利はプロジェクトオーナーに留保されます。

第11条 再委託などの禁止
 プロジェクトオーナーは、プロジェクトの実施を第三者に再委託することはできません。

第12条 本プロジェクト規則の変更
(1) 当社は、プロジェクトオーナーの承諾なく本プロジェクト規則を変更することができます。
(2) 本プロジェクト規則の変更は、その旨を「FAN AKITA」に掲載する方法によるものとし、「FAN AKITA」への掲載後の本サービスの利用については、変更後の本プロジェクト規則が適用されます。

第13条 専属的合意管轄裁判所
当社とプロジェクトオーナーとの間で本プロジェクト規則および本利用規約に関連する紛争等が発生したときは、両者で誠意をもって協議し、これを解するものとしますが、訴訟の必要が生じた場合は、秋田地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第14条 準拠法
本プロジェクト規則は、日本国法に準拠します。

JCB/AmericanExpress/Diners決済利用に関する特約

第1条 表明保証  (1) プロジェクトオーナーは、個人情報の保護に関する法律、割賦販売法、資金決済に関する法律、特定商取引に関する法律、消費者契約法、犯罪による収益の移転防止に関する法律等の関連諸法令およびガイドライン等を遵守するものとします。 (2) プロジェクトオーナーは、「JCB 通信販売加盟店規約」(以下「原規約」という。合理的な限度で、「加盟店」を「プロジェクトオーナー」に読み替える)を遵守するものとします。 (3) プロジェクトオーナーはプロジェクトオーナーが提供する商品等に起因するサポーターからの抗弁の申立て、苦情等(以下「紛議等」という)に対して適切な処理を行う体制を整え、紛議等に対して自己の責任と費用をもって対処し、解決にあたるものとします。 (4) プロジェクトオーナーは、①当社がプロジェクトオーナーからプロジェクトオーナーの会員に対する売上債権の弁済金を受領する権利・権限を取得すること、②当社がプロジェクトオーナーに対して立替払いを行う場合があること、③プロジェクトオーナーはサポーター、JCBまたはJCBグループカード会社に対し、売上代金その他一切の請求等を行うことができないことを承諾するものとします。 第2条 個人情報の取扱い等について (1) プロジェクトオーナーは、JCBが次条に基づきプロジェクトオーナーの反社会的勢力の該当性の判断するために、プロジェクトオーナーの代表者氏名、性別、生年月日、住所等の情報を収集および利用することを承諾するものとします。 (2) プロジェクトオーナーは、JCBおよびJCBグループカード会社が原規約に基づく加盟店情報(個人情報を含む)の収集、利用および共同利用と同様にプロジェクトオーナーの情報を取り扱うことを承諾するものとします。 第3条(反社会的勢力の排除) (1) プロジェクトオーナーは、暴力団、暴力団員および暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業に属する者、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、テロリスト等、日本政府または外国政府が経済制裁の対象として指定する者(以下上記の9者を総称して「暴力団員等」という)、暴力団員等の共生者、その他これらに準ずる者(以下、上記のすべてを総称して「反社会的勢力」という)のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないこと、および自らまたは第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて弊社の信用を毀損し、または弊社の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為(以下総称して「不当な要求行為等」という)を行わないことを確約するものとします。 (2) JCBは、プロジェクトオーナーが前項の規定に違反している疑いがあると認めた場合には、プロジェクトオーナーによるカードの取扱いを拒否し、その他必要な措置をとることができるものとします。 (3) 前項の規定の適用により、プロジェクトオーナーに損害等が生じた場合でも、プロジェクトオーナーは当該損害等についてJCBおよびJCBグループカード会社その他の第三者に一切の請求をしないものとします。 (4) 第1項に定める「暴力団員等の共生者」とは、以下のいずれかに該当する者をいいます。 ア 暴力団員等が、経営を支配していると認められる関係を有する者 イ 暴力団員等が、経営に実質的に関与していると認められる関係を有する者 ウ 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有する者 エ 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する者 オ 暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者 カ その他暴力団員等の資金獲得活動に乗じ、または暴力団員等の威力、情報力、資金力等を利用することによって自ら利益拡大を図る者

TOP