「FAN AKITA (ファンあきた)」は秋田魁新報社が運営するクラウドファンディングサービスです。
想い、つたわる、つながる。

『FAN AKITA(ファンあきた)』とは

『FAN AKITA』は、秋田県に関わる新しいことを始めようとしているプロジェクトや地域課題の解決を目指すプロジェクトに共感し、挑戦する事業者を応援するクラウドファンディングサービスです。
『FAN AKITA』という名称には、秋田ファンが集う場、秋田を盛り上げるファン(扇)としての機能・役割を提供していくという意味を込めました。
クラウドファンディングは、Crowd(人々、一般大衆)とFunding(資金調達)という言葉を合わせた造語で、インターネットを介して一般の人々から資金調達を行う仕組みです。

『FAN AKITA(ファンあきた)』の仕組み

事業を企画するプロジェクトオーナー(事業者)は、『FAN AKITA』のウェブサイトにプロジェクトを掲載し、小口資金(支援金)を募ります。
資金を提供するサポーター(支援者)には、プロジェクトオーナーから物品やサービスなどの特典が提供されます。
想い、つたわる、つながる。
  • プロジェクトを始める
  • プロジェクトを応援する

1.掲載は無料

プロジェクトの掲載にかかる費用は無料です。プロジェクトオーナーが設定した募集目標金額に支援金が到達した場合、支援金が決済されます。(All Or Nothing方式)成功報酬型となっており、募集目標金額に達した場合のみ、集まった支援金の額から所定の手数料を差し引いた額をプロジェクトオーナーにお支払いします。

2.購入型クラウドファンディング

『FAN AKITA』は、購入型クラウドファンディングであり、新たな資金調達手段としてだけでなく、マーケティングやファンづくりの手段、企業への活用も可能です。
【購入型クラウドファンディング】
民法上の売買契約に基づき、資金提供者が事業者に資金提供し、モノやサービスを受け取る形態

3.『FAN AKITA(ファンあきた)』活用メリット

プロジェクトオーナーのメリット

秋田魁新報社、秋田銀行、ミュージックセキュリティーズが、事業計画・事業アイデアをブラッシュアップし、サポーターに伝わるコンテンツを作成します。
秋田魁新報社が紙面、秋田銀行がインターネット支店や本支店窓口、ミュージックセキュリティーズが「セキュリテ」を通じて情報発信することで、プロジェクト成立の可能性を高めます。

サポーターのメリット

サポーターは『FAN AKITA』を通じて魅力あるプロジェクトを応援することで、地域活性化に貢献することができます。
応援方法は、資金提供のほか、SNS機能を使用してプロジェクト情報を発信・拡張する方法があります。

4.3社連携によるクラウドファンディングサービス

秋田魁新報社が新聞社として有する「事業の魅力を分かりやすく、多くの人々に伝える発信力」と、秋田銀行による「コンサルティング機能」、そして、クラウドファンディング事業者のミュージックセキュリティーズの「ウェブシステムとサービス運営力」を融合させた秋田発のクラウドファンディングサービスを提供します。
  • プロジェクトを始める
  • プロジェクトを応援する

TOP